2019年12月12日 05時00分 公開
特集/連載

ハイブリッドクラウドが向かう先【前編】Microsoftの「Azure Arc」は「Anthos」や「AWS Outposts」と何が違うのか?

Microsoftは「Azure Arc」の投入でハイブリッドクラウド分野をより強化する狙いだ。Azure Arcとは具体的にどのようなサービスで、競合ベンダーのハイブリッドクラウド製品/サービスと何が違うのだろうか。

[Chris Kanaracus,TechTarget]

 Microsoftがユーザーカンファレンス「Ignite」で新たに発表した「Azure Arc」には、ハイブリッドクラウド市場で一歩リードしようとする狙いが見える。同社はAzure Arcについて、クラウドサービス群「Microsoft Azure」(以下、Azure)の各サービスのデプロイ(利用可能な状態にすること)と管理を、Azure以外の環境からでもできるようにするサービスだと説明している。ただしその点を除けば、Azure Arcには特に目新しい点はないように見える。現在Azure Arcはプレビュー段階にある。

「Azure Arc」とは

 ユーザー企業はAzure Arcを使うと、Azureの管理機能で「Windows」と「Linux」ベースのオンプレミスのサーバをコントロールできる。Azure Arcはコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」と連携し、オンプレミスや複数のパブリッククラウド、エッジといったさまざまな環境にまたがるコンテナクラスタの横断的な運用管理を可能にする。

 「Azure Arcの発表は、クラウドの一貫性とシンプル性を求めるユーザーの声にMicrosoftが耳を傾けていることを示している」。こう解説するのは調査会社IDCのスティーブン・エリオット氏だ。「企業はマルチクラウドの世界に突入している。その中で特定のタスクを標準化するため、さらにはマルチクラウドの運用手法を単純化するために、どのツールを使うべきか検討している」とエリオット氏は付け加える。

 Microsoftのサティア・ナデラCEOは最近の発言の中で、Igniteでハイブリッドクラウドに関連する製品/サービスの発表を計画していることを示唆していた。

 Azure Arcはアプリケーション管理の「Azure Resource Manager」や「Azure Portal」、コマンドラインインタープリタの「Azure Cloud Shell」、ポリシー管理の「Azure Policy」といったAzureのサービスに関係する。こうした一連のサービスは、アプリケーション開発者やIT管理チーム、サイバーセキュリティ担当者が必要とするものだ。Azure Arcの料金体系や一般公開の時期は明らかになっていない。

「Azure Arc」と「Anthos」「AWS Outposts」の違い

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...