2020年12月15日 10時30分 公開
ニュース

Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調TechTarget発 世界のITニュース

2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。

[Dave Raffo,TechTarget]

関連キーワード

ストレージ


 Dell EMCは過去数年間、ストレージ関連製品の売上高での失速を好転させるために、ミッドレンジストレージアレイ製品「Dell EMC PowerStore」に頼ってきた。しかし現時点で失速を食い止めるには、その売上高は小さ過ぎる。

 Dell Technologies(以下、Dell)は2020年11月24日(現地時間)、2021年度第3四半期(2020年8月〜10月)の業績を発表した。同社傘下のDell EMCのストレージ関連売上高は、前年同期比約7%減の約39億ドルだった。ジェフ・クラークCOO(最高執行責任者)はその理由として、ミッドレンジストレージアレイの売り上げの伸び悩みを挙げた。

「PowerStore」に期待をかけるも……

 何度かの遅延の末、2020年5月にDell EMCはPowerStoreを発表した。2016年の合併前、EMCとDellはそれぞれ幾つかのミッドレンジストレージアレイを持っており、合併後にも複数の製品が残った。製品選定をするユーザー企業は、どれが自社に最適な製品かを悩んだ可能性がある。Dell EMCが新しく提供したPowerStoreは、そうした混乱を解消すると期待されていた。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...