Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調TechTarget発 世界のITニュース

2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。

2020年12月15日 10時30分 公開
[Dave RaffoTechTarget]

関連キーワード

ストレージ


 Dell EMCは過去数年間、ストレージ関連製品の売上高での失速を好転させるために、ミッドレンジストレージアレイ製品「Dell EMC PowerStore」に頼ってきた。しかし現時点で失速を食い止めるには、その売上高は小さ過ぎる。

「PowerStore」に期待をかけるも……

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...