2020年12月15日 10時30分 公開
ニュース

Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調TechTarget発 世界のITニュース

2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。

[Dave Raffo,TechTarget]

関連キーワード

ストレージ


 Dell EMCは過去数年間、ストレージ関連製品の売上高での失速を好転させるために、ミッドレンジストレージアレイ製品「Dell EMC PowerStore」に頼ってきた。しかし現時点で失速を食い止めるには、その売上高は小さ過ぎる。

 Dell Technologies(以下、Dell)は2020年11月24日(現地時間)、2021年度第3四半期(2020年8月〜10月)の業績を発表した。同社傘下のDell EMCのストレージ関連売上高は、前年同期比約7%減の約39億ドルだった。ジェフ・クラークCOO(最高執行責任者)はその理由として、ミッドレンジストレージアレイの売り上げの伸び悩みを挙げた。

「PowerStore」に期待をかけるも……

 何度かの遅延の末、2020年5月にDell EMCはPowerStoreを発表した。2016年の合併前、EMCとDellはそれぞれ幾つかのミッドレンジストレージアレイを持っており、合併後にも複数の製品が残った。製品選定をするユーザー企業は、どれが自社に最適な製品かを悩んだ可能性がある。Dell EMCが新しく提供したPowerStoreは、そうした混乱を解消すると期待されていた。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...