2018年02月14日 09時00分 公開
特集/連載

コンポーザブルインフラはハイパーコンバージドに次ぐ大ブームを巻き起こすか次世代のデータセンターアーキテクチャとして期待

昨今のITシステムは、柔軟性が向上し、価格が低下して、近代化が加速している。そして、プログラム可能なインフラがHCIとCIに次ぐ一大ブームを巻き起こすかもしれない。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

API | 垂直統合


 コンポーザブルインフラは、コンピューティング、ストレージ、ネットワークのリソースを統合したサービスのセットとして提供するITのフレームワークで、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)における次の進化となる可能性を秘めている。

 コンポーザブルインフラは、ハイパーコンバージドシステムが抱える多くの制約に対処している。柔軟性が高くなり、ソフトウェアをベースとするため、変化するワークロードに迅速かつ効率的に対応できる。この柔軟性から、コンポーザブルインフラは、次世代のデータセンターアーキテクチャになるかもしれない。

コンポーザブルインフラの定義

 コンポーザブルインフラの定義については、混乱が生じることが少なくない。その理由は、コンポーザブルインフラという用語をソフトウェア定義インフラ(SDI)やInfrastructure as Code(IaC)などと同義のものとしてベンダーが使用していることにもある。コンポーザブルインフラは、ハードウェアリソースを分離して論理的にプールし、各リソースをサービスとして調整できるSDIの1種と見なすことが可能だ。IT部門は、各リソースをオンデマンドでプロビジョニングして特定のワークロードに合わせて調整できる。

 コンポーザブルインフラでは、ソフトウェア定義のインテリジェンスを使用し、包括的なAPIを経由してリソースのプールと制御を行う。ソフトウェアとAPIの連係によって、リソースをプールまたは再配置(構成または再構成)して、アプリケーションのさまざまな要件に臨機応変に対応できるようになっている。その結果、パブリッククラウドサービスと同じような柔軟性がもたらされる。

 ITチームは、ベアメタル、仮想マシン、コンテナにコンポーザブルインフラを実装できる。また、ハーフラックのハードウェアという小さな規模から始めて、アプリケーションの要件に応じて徐々に機器を追加することも可能だ。コンポーザブルインフラでは、IaCもサポートされる。そのため、開発者は、アプリケーションの実行に必要なリソースを指定するコードをアプリケーションに追加して、管理者による操作の必要性を回避できる。

コンポーザブルインフラの仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...