2017年09月14日 05時00分 公開
特集/連載

データセンター担当者が称賛する機能とはHCI製品、最も売れているベンダーは? 調査で分かった期待と現実 (1/2)

機能性や拡張性、使いやすさに後押しされ、企業はハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用する方針を取りつつある。実際に導入してみてわかったHCIの魅力的な機能について市場調査結果と併せて説明する。

[James Alan Miller,TechTarget]
画像 この機能、いいね!

 データセンターの機器やシステムを購入する担当者の間でにわかにハイパーコンバージドインフラ(HCI)が、人気を集めている。データセンター担当者は、これまで複数の製品の中から個々に選び、組み合わせるといった非常に手間がかかる作業をしていた。ストレージやシステム構築および仮想化を単一のプラットフォーム(システム基盤)で導入できるHCIのメリットはデータセンター担当者にとても魅力的に映るのだろう。

 TechTarget調査レポート(TechTarget Research)によると、HCIを試す理由は、スピード、シンプルであること、コスト削減が上位に挙がる。回答者は具体的に、調達のしやすさ、導入時間、シンプル化されたインフラ、統合によるコストの削減、管理の合理化、単一のベンダーから調達することによる技術サポート負担の軽減を、HCI製品を導入する筆頭の理由として挙げた。

サーバ&ストレージ ナビ

ハイパーコンバージドインフラ


HCI導入企業が選んだベンダーは?

 米市場調査会社IDCの報告では、HCI製品市場は2017年第1四半期で前年同期比65%の伸びを示した。売上高は6億6500万ドルに達し、HCIはコンバージドインフラ市場全体の4分の1近くを占めた。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...