「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第1回】
「データドリブン時代の勝ち組IT担当者」が外さない“あのスキル”とは?
データ主導のビジネスを実現するためにIT部門の力は不可欠だが、ITインフラの運用管理スキルだけでは太刀打ちできない可能性がある。IT部門が「データドリブン経営」に貢献するのに必要なスキルとは。(2022/6/28)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第5回】
GCP“危ないAPI”の発見者が語る クラウドとオンプレミスの“根本的な違い”
クラウドセキュリティを万全にするには、どのようなことに気を付ければよいのか。「Google Cloud Platform」のAPIに潜む危険性を指摘した、Mitiga Securityに聞いた。(2022/6/28)

ZVCが目指す動画ファーストの世界
知らないのはもったいない、Web会議ツールの枠を超えたZoomの新機能群
Zoomを単なるWeb会議ツールにすぎないと思っているなら、その認識は改めた方がいい。Zoomは動画をコアとして大きく進化している。(2022/6/13)

ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【後編】
戦争はビジネスを殺せない――ウクライナEdTech企業がそう言い切る理由
戦時下においても事業を継続しているEdTech企業が、ウクライナのKeikiだ。同社のIT幹部は「戦争は技術的な面では事業に影響しなかった」と語る。その理由は何か。(2022/5/30)

複雑性のキーは「状態管理」
Netflixも採用しているアプリケーション状態管理プラットフォーム
状態管理はアプリケーション開発において重要かつ面倒な機能だ。バグやセキュリティホールの温床であり、トラックは難しい。この部分が簡便化される意義は極めて大きい。(2022/4/26)

NISQ時代の量子コンピューティング【後編】
量子コンピュータの常温稼働と量産可能性が一歩前進
量子コンピュータ実用化を阻む課題は多い。絶対零度付近まで冷却する必要がなくなれば可能性が大きく広がる。大量の量子ビットの実装には量産性も欠かせない。その分野の研究動向を紹介する。(2022/4/12)

「Node.js」と「.NET」を比較する【前編】
いまさら聞けない「Node.js」の基礎
Webアプリケーション開発において「Node.js」と「.NET」のどちらを採用するのか、適切な選択のためにそれぞれの概要を理解しておこう。具体的な用途や機能を解説する。(2022/3/23)

Dockerで簡単インストール可
OSSの改ざん防止データベース「immudb」、試す価値あり
改ざん防止に主眼を置いたデータベースがOSSで登場した。オンラインデモやDocker、Kubernetesインストールもサポートしており、取りあえず試してみることができる。百聞は一見にしかずだ。(2022/2/3)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【後編】
脱炭素化だけじゃない Siemens Energyが「GCP」を選んだ“もう一つの理由”
エネルギー企業のSiemens Energyは脱炭素化のために、オンプレミスインフラで稼働するアプリケーションやデータの「GCP」への移行を進めている。同社がGCPを選んだ理由は脱炭素化だけではない。他の理由は何か。(2022/1/17)

Computer Weeklyリバイバル
コンテナにゼロトラストを適用すべき理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2021/12/29)

無料エディションで試せる
意外に難しい「オブジェクトストレージへの簡単なアクセス」を解決
オブジェクトストレージに従来のファイル/ブロック形式でアクセスすることはできない。Nexustorageはこれを実現するファイルシステムを開発している。(2021/12/22)

データウェアハウスの終わり【後編】
従来型データウェアハウスでは分析できない、次世代ツールの「分析対象」
データウェアハウスもデータレイクも限界が見えた今、各社は「次世代型データウェアハウス」で市場をリードしようとしている。最後に生き残るアーキテクチャとは?(2021/12/16)

主要DR製品の違い【前編】
止められないシステムに必須の「DR」機能とは CommvaultとZertoを比較
DR(災害復旧)製品を使うことでミッションクリティカルなシステムの稼働を維持する方法がある。Commvault Systemsの「Commvault Disaster Recovery」と、Zertoの「Zerto Enterprise Cloud Edition」の仕組みや機能を比較する。(2021/11/30)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【前編】
企業がVMware仮想マシン(VM)を「AWS」へ移す理由と、移して後悔する理由
オンプレミスのVMware製品からAWSへのVMの移行は、複雑な作業を必要とせずに実施できる場合がある。VMのAWS移行にはどのようなメリットがあるのか。考慮すべきデメリットとは。(2021/11/15)

「Java 17」注目機能5選【前編】
「Java 17」のうれしい機能「Recordクラス」「テキストブロック」は何が便利?
JavaのLTS(長期サポート版)「Java 17」には、どのような機能があるのか。注目すべき機能のうち「Recordクラス」「テキストブロック」を取り上げる。(2021/11/9)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【中編】
「電子処方箋」交換サービスがTwilioのAPIを採用した理由 「SMS品質」が鍵に
オーストラリアが電子処方箋制度を開始する際、そのシステムの開発を手掛けたベンダーは、電子処方箋の交換手法としてTwilioのコミュニケーションAPIを採用した。その理由は。(2021/10/28)

ハイブリッドワークの整え方【前編】
在宅とオフィスの併用勤務「ハイブリッドワーク」で“脱VPN”が広がる理由
新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が広がり始めている。こうした中、従来の「VPN」の課題が顕在化しているという。何が起きているのか。(2021/8/31)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第4回】
ウェザーニューズが「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を選ばない明確な理由
クラウドファーストの方針に基づき、クラウドサービスを積極的に活用するウェザーニューズ。先駆的なクラウドユーザーの間で進む「脱クラウド」「オンプレミス回帰」の波には乗らないと同社は言い切る。その理由は。(2021/8/18)

「Windows 365」先取りチェック【後編】
「Windows 365」の2021年登場は“必然”? 専門家が「タイムリー」と評する訳
Microsoftはなぜ今、新たなDaaS「Windows 365」を提供するのか。その背景には、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う“ある変化”があると専門家はみる。(2021/7/23)

柔軟性もアジリティもここまで変わった
HCIを進化させる3つのトレンド、コンテナやエッジで活用するためには何が必要?
仮想化基盤に加え、ハイブリッドクラウドやコンテナ基盤、エッジ領域など幅広い分野で採用され始めているHCI。中でも定番となっているHCI製品は、最新技術への対応をどのように実現しているのか。3つのポイントを軸に解説する。(2021/7/16)

AWSとAzure、GCPの「無料枠」を活用する【前編】
無料でAWS、Azure、GCPが使えるクラウド2大「無料枠」とは? 利用条件は
クラウドサービスの利用料金は安くない。自社に合わないクラウドサービスを使って失敗するのを防ぐためにも「利用前に試す」ことが重要になる。その際に役立つのが「無料枠」の存在だ。どのような無料枠があるのか。(2021/6/28)

コンテナ採用に高い壁
アプリ開発のトレンドは「コンテナありき」――現実は?
今や誰もがコンテナを前提に話をする。確かにコンテナには多くのメリットがある。ではアプリケーションのモダナイズに際して、皆コンテナ化に取り組んでいるのだろうか。(2021/5/19)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【前編】
「サーバ仮想化」のデメリットとは? コスト増大、仮想マシン増殖のリスク
効率的なリソース使用や容易な実装を実現するサーバ仮想化製品。さまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化製品だが、デメリットもある。主要なデメリットとその解決方法を説明する。(2021/5/18)

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】
「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?
システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。(2021/4/8)

製品名が長い
SAPがアプリ開発環境を強化 ローコード/ノーコードも可能
SAPが同社プラットフォーム用開発環境の拡充を発表した。ローコード/ノーコード開発もサポートし、開発の効率が向上するという。(2021/3/16)

「VPS」と「VPC」の違い【前編】
いまさら聞けない「VPS」(仮想プライベートサーバ)とは 利点と注意点を整理
「VPS」と「VPC」は何が違うのか。まずは両者の簡単な違いを整理した上で、VPSの特徴や注意点を解説しよう。(2021/3/12)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第1回】
「コンテナ」の良さとは? 「HCI」で「Kubernetes」を動かす意味は?
ベンダーは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)でコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用しやすくする取り組みを活発化させている。HCIとKubernetesにどのような可能性を見込んでいるのか。(2021/3/12)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
製品開発のDXはクラウドから、SaaSプラットフォームに求めるべき「4つの要件」
DX戦略は、製品開発分野でも推進する必要がある。多くの開発現場ではデータがサイロ化され、コラボレーションの課題となっている。製品開発のツールを、クラウドネイティブなアプリケーションに移行することが求められているのだ。(2021/3/8)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【前編】
「Java」はなぜ人気言語になったのか? 成功の歴史を振り返る
新しいプログラミング言語が生まれ続ける中、いまだに広く使われているのが「Java」だ。Javaはどのようにして人気を集めるようになったのか。登場から現在までの変化を整理する。(2021/3/7)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

Computer Weekly日本語版
コンテナにゼロトラストを適用すべき理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/1/20)

統合ストレージへの道【後編】
ファイル/オブジェクトストレージ統合の可能性
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合するメリットはあるのか。統合による影響とは何か。(2021/1/14)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
最適な従量制IT環境ベンダーを見極めるために、必ず尋ねるべき5つの質問とは
多くの組織が「as a Service」のITモデルに移行しつつあるが、移行には大きなリスクを伴うため、IT環境ベンダーは慎重に選ばなければならない。自社に最適なベンダーかどうかを見極めるためには、必ず尋ねるべき5つの質問がある。(2021/8/2)

統合ストレージへの道【前編】
ファイルストレージとオブジェクトストレージの統合の課題
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合することで両者の利点を享受しようという動きがある。(2021/1/7)

「NewSQL」とは何か【後編】
「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」とは NewSQLの4大製品
RDBMSとNoSQLのメリットを一つのDBMSに備える目的で登場したのが「NewSQL」だ。NewSQLの主要製品「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」を取り上げる。(2020/12/23)

「NewSQL」とは何か【中編】
「NoSQL」が存在する理由と、無視できない“欠点”とは?
RDBMSではないDBMS「NoSQL」は、高いスケーラビリティが特徴だ。NoSQLの基本的な仕組みと、NoSQLが抱える課題を解説する。(2020/12/16)

「NewSQL」とは何か【前編】
いまさら聞けない「ACID特性」「オンライントランザクション処理」(OLTP)の基礎
DBMSの新たな選択肢として浮上した「NewSQL」とは何なのか。それを探るために、NewSQLが備える「ACID特性」と、NewSQLが力を発揮する「オンライントランザクション処理」(OLTP)をおさらいしよう。(2020/12/4)

HCIによる「VDI」設計のポイント【後編】
「VDI」を「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)で構築すべき4つの理由
「VDI」用のインフラとして「HCI」が有力な選択肢になるのはなぜなのか。VDIに適したインフラの要件から、その理由を探る。(2020/11/6)

テレワーク時の注意点も
「リモートアクセスVPN」ではなく「拠点間VPN」を導入すべき4つの理由
通信の安全性を確保する手段の一つとして「拠点間VPN」がある。ニーズに合致している場合はセキュリティを向上させる有効な手段になる。一方で導入に当たって注意すべき点もある。(2020/10/15)

テレワークのためのクラウド導入ガイド【後編】
「テレワークのためのクラウド導入」に失敗しないためにやるべきこと
在宅勤務などのテレワークを実現する上で、クラウドサービスは大いに役立つ。クラウドサービスのメリットを引き出すために、導入時に考慮すべき点を紹介する。(2020/10/7)

ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【後編】
コニカミノルタ系がSQL Serverから「PostgreSQL」に移行した訳と、直面した壁
Konica Minolta Healthcare Americasは、それまで利用していた「SQL Server」から「PostgreSQL」に移行した。PostgreSQLを選択した理由と、運用時に直面した課題を担当者が説明する。(2020/10/2)

テレワーク主体の考え方に転換
急ぎの「VDI」構築も、社内ルールの変更反映も素早くこなす“自動化”の一手
従業員の働き方が急速に変化する中で、仮想デスクトップやインフラの整備、社内制度の改定など、企業はさまざまな変革を同時に進めなければならない。しかし人材は限られている。こうした課題を抱える企業に役立つ手法とは。(2020/9/16)

大学の「HCI」活用【後編】
大学が“クラウド全面移行”をやめて「HCI」を選んだ理由
アラバマ農工大学がHCIを利用してデータセンターを改修した目的はDR対策だった。同校CIOによれば、クラウドサービスではなくHCIを採用したことには理由がある。それは何か。(2020/9/3)

AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【前編】
Amazon Web Services(AWS)のオンプレミスハードウェアを再チェック
大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。まず3社のアプローチの違いとAWSの製品を紹介する。(2020/8/17)

プライベートクラウドへの移行計画の立て方【後編】
「プライベートクラウド」移行を経営陣に納得させるためにやるべきこと
プライベートクラウドへの移行を実行に移すためには、経営陣の承認を取り付ける必要がある。IT担当者は何をすればよいのか。(2020/6/2)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【前編】
Googleのクラウドデータベース「Cloud SQL」「Cloud Spanner」とは?
データベース管理システムのコストとパフォーマンスを最適化する手段となり得るのが「クラウドデータベース」だ。Googleが提供する豊富なクラウドデータベースの中から「Cloud SQL」「Cloud Spanner」を取り上げる。(2020/5/21)

プライベートクラウドへの移行計画の立て方【前編】
「プライベートクラウド」への移行に失敗しないためにまず何をすべきか
プライベートクラウドへのアプリケーションの移行を実行する際は、移行計画の策定が不可欠だ。移行を円滑に進めるために踏むべき手順を説明する。(2020/5/18)

緊急事態のテレワーク基礎ガイド【前編】
「Zoom」だけじゃない、新型コロナ対策の在宅勤務に役立つITツールとは?
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策の一環で、在宅勤務などのテレワークを取り入れる動きが世界規模で急速に広がっている。テレワークに役立つITツールと、技術面での課題を整理する。(2020/4/28)

「文脈ターゲティング広告」を実現するGumGumの舞台裏
広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は
独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。(2020/4/16)

どのようなメリットがあるのか
5Gのセキュリティを強化する「ネットワークスライシング」とは何か?
5Gでは「ネットワークスライシング」という仕組みを活用できるようになる。これはどのような技術で、セキュリティにどのようなメリットをもたらすのか。(2020/4/14)