2022年03月18日 10時00分 公開
特集/連載

iPhoneを“店舗決済端末”に変える「Tap to Pay」とは?iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【前編】

「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」が登場し、2022年春にはオンライン決済「Stripe」で利用可能になる見込みだ。そもそもTap to Payとは何なのか。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | 金融


 Appleは2022年2月8日(米国時間)に、スマートフォン「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」を発表した。2022年内に米国で展開する。

「Tap to Payとは何か」をざっくりと理解する

 Tap to Payは、店舗などの事業者が「iPhone XS」以降のiPhoneを使って、非接触型のクレジットカードやデビットカードによる支払いを受け付けられるようにする機能だ。これらのカードをiPhoneにかざすと決済が完了する。モバイル決済サービス「Apple Pay」を使った支払いや、一般的なスマートフォンのデジタルウォレット(電子決済用ソフトウェア)による支払いも可能だ。

 iPhoneユーザーはTap to Payを利用する際、大手決済ネットワーク(American Express、Discover、Mastercard、Visaなど)のクレジットカードやデビットカードによる決済ができる。事業者がこれらのカードによる支払いを受け付けるには、Tap to Payの機能を組み込んでいる決済アプリケーションが必要になる。

 事業者向けにTap to Payを利用可能にする最初の決済アプリケーションは「Stripe」になる見込みだ。Stripeは2022年春にTap to Payを利用可能にする。他の決済アプリケーションも後に続く見通しだと、Appleは説明している。

 Tap to Payは、Appleの「Secure Element」を使ってトランザクション(取引)データを暗号化し、処理する。Secure Elementは、プログラミング言語・開発環境「Java」の決済用サブセットである「Java Card」を実行するセキュリティプロセッサだ。電子決済に関する金融業界の要件に準拠している。Apple自身は、何が購入されたか、誰が購入したかを追跡しない。

 Appleは、モバイルOS「iOS」向けのSDK(ソフトウェア開発キット)を提供し、決済ネットワークや決済アプリケーション開発者がTap to Payを利用できるようにする計画を発表している。Appleは、2020年に1億ドルで買収した決済アプリケーションベンダーMobeewaveの技術をベースにTap to Payを開発した。AppleのライバルとなるGoogleやSamsung Electronicsも、それぞれのスマートフォンでデジタルウォレットなどの決済アプリケーションを提供している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...