2021年01月05日 05時00分 公開
特集/連載

CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】

「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。

[Marius Sandbu,TechTarget]

関連キーワード

DaaS | Citrix | デスクトップ仮想化


 Citrix Systemsの歴史は、オンプレミスのデータセンター市場から始まる。しかし同社は重点事業を、デジタルワークスペースサービス群「Citrix Cloud」を始めとしたクラウドサービスに移行させつつある。

 前編「NutanixのDaaS『Xi Frame』とは? 利点と注意点を整理」に続く本稿は、同社のDaaS(Desktop as a Service)「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」に名称変更。以後Citrix Managed Desktops)の特徴を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。

CitrixのDaaSの特徴

 Citrix Managed Desktopsは仮想マシン(VM)の制御とイメージ管理に関して、比較的高度な機能を提供する。インフラにMicrosoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」を活用している。

 独自の通信プロトコル「Independent Computing Architecture」(ICA)を採用している点がCitrix Managed Desktopsの特徴だ。ICAによって、クライアント端末に表示するために必要なデータだけを転送することが可能になる。画面の非アクティブな部分を転送する必要がなくなり、回線のデータ伝送速度が遅かったり、遅延が大きかったりする場合でも、スムーズな画面転送を実現する。

 Citrix Managed Desktopsは、SD-WAN(ソフトウェア定義WAN)やADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)などのエコシステム(関連製品・技術群)がある。ゴールデンイメージ(仮想デスクトップのテンプレート)の管理やレイヤー型アプリケーション仮想化(仮想デスクトップからアプリケーションを分離・独立させて実行すること)のためのツールも用意する。

Xi Frameと比較

 Xi Frameには、Nutanixが買収する前のMainframe2(Frameの名称で事業展開)時代からのDaaS市場での長期に及ぶ実績がある。一方でCitrix Managed Desktopsには周辺機器のサポート体制と充実したエコシステムがある。

 この2つのDaaSは、ターゲットとなる顧客層が異なる。Citrix Managed Desktopsは、Citrixのエコシステムを活用した多様な利用方法が可能だ。ITインフラに複数のプライベートクラウドやパブリッククラウドを組み合わせることもできる。加えてCitrixはデバイス管理ツールやセキュリティ対策の分野でもエコシステムを拡大させつつある。

 Xi Frameの特徴はシンプルさだ。機能の分かりやすさや管理の容易さ、Webブラウザを使ったクライアント端末の操作性の面では、Xi FrameがCitrix Managed Desktopsを上回る。

 DaaSの選択でもう一つ注意すべき重要な点がある。それはMicrosoftが、マルチユーザー版「Windows 10」の利用が可能なDaaS「Windows Virtual Desktop」の提供を開始し、DaaS市場に参入したことだ。今のところMicrosoftはCitrixを同社の中心的なパートナーに挙げており、Citrix Managed Desktopsはマルチユーザー版Windows 10を利用できるようにしている。CitrixはMicrosoftとの連携によって、競争力を高める可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...