2020年12月25日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍のオフィス勤務のお供に「音声認識技術」が役立つ理由オフィス勤務再開を支える3つの音声認識技術【前編】

コロナ禍にオフィス勤務を再開するならば、ソーシャルディスタンスの維持や接触回避、共有物の清潔管理といった課題がついてまわる。そんな場面に「音声認識技術」は役立つ可能性がある。

[Jon Arnold,TechTarget]

 音声認識技術はさまざまな分野で活躍している。チームコラボレーションにおける活用も注目すべき分野だ。音声認識技術の進歩の背景には人工知能(AI)技術の利用があり、自動化を目的とした音声認識技術の普及が進んでいる。これに加え、感染症対策のために人との接触を回避する動きも、音声認識技術の導入を後押ししている。仕事も日常生活もあらゆる活動がカメラ越しに進むことが当たり前になった現在、音声認識技術は新しい価値をもたらしている。

「音声認識技術」がコロナ禍のオフィス出社を安全に

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴って、さまざまな企業が急きょ在宅勤務などのテレワーク体制に移行したことによって、チームコラボレーションには新しい課題が生まれている。音声認識技術はこの変化への適応を支援する中心的な役割を果たしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...