2019年03月15日 05時00分 公開
特集/連載

音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか新しいユースケースが広がる

広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。

[Micah Levine,TechTarget]

 声に出すだけでやりたいことがかなう世界は、かつてはフィクションの中だけのものだった。それが今では音声技術の進歩によって現実のものとして受け入れられてきている。音声技術の用途は拡大しており、AIを活用した音声技術アプリケーションの登場によって、企業における活用方法も変わり始めている。

 音声技術の統合方法やアプリケーションはベンダーごとに異なるため、導入を検討する企業はまずビジネスゴールを明確にすることが重要だ。音声技術のユースケースの現状と今後の展望を理解しておこう。

音声技術の主要なユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...