2019年03月15日 05時00分 公開
特集/連載

音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか新しいユースケースが広がる

広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。

[Micah Levine,TechTarget]

 声に出すだけでやりたいことがかなう世界は、かつてはフィクションの中だけのものだった。それが今では音声技術の進歩によって現実のものとして受け入れられてきている。音声技術の用途は拡大しており、AIを活用した音声技術アプリケーションの登場によって、企業における活用方法も変わり始めている。

 音声技術の統合方法やアプリケーションはベンダーごとに異なるため、導入を検討する企業はまずビジネスゴールを明確にすることが重要だ。音声技術のユースケースの現状と今後の展望を理解しておこう。

音声技術の主要なユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。