2019年03月15日 05時00分 公開
特集/連載

音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか新しいユースケースが広がる

広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。

[Micah Levine,TechTarget]

 声に出すだけでやりたいことがかなう世界は、かつてはフィクションの中だけのものだった。それが今では音声技術の進歩によって現実のものとして受け入れられてきている。音声技術の用途は拡大しており、AIを活用した音声技術アプリケーションの登場によって、企業における活用方法も変わり始めている。

 音声技術の統合方法やアプリケーションはベンダーごとに異なるため、導入を検討する企業はまずビジネスゴールを明確にすることが重要だ。音声技術のユースケースの現状と今後の展望を理解しておこう。

音声技術の主要なユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...