2019年03月15日 05時00分 公開
特集/連載

新しいユースケースが広がる音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか

広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。

[Micah Levine,TechTarget]

 声に出すだけでやりたいことがかなう世界は、かつてはフィクションの中だけのものだった。それが今では音声技術の進歩によって現実のものとして受け入れられてきている。音声技術の用途は拡大しており、AIを活用した音声技術アプリケーションの登場によって、企業における活用方法も変わり始めている。

 音声技術の統合方法やアプリケーションはベンダーごとに異なるため、導入を検討する企業はまずビジネスゴールを明確にすることが重要だ。音声技術のユースケースの現状と今後の展望を理解しておこう。

音声技術の主要なユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。