「Alexa」絶好調 Amazonが先頭を走る音声認識AI市場、他社はどうする?「Google Home」「Cortana」はどう進化するか

音声認識技術「Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」が市場を独占する勢いのAmazon。Google、Microsoftの次の戦略とは?

2017年06月05日 08時00分 公開
[Jonah KowallTechTarget]
音声認識機能付きスピーカー「Amazon Echo」《クリックで拡大》

 Amazonでこの数カ月の間に多数の興味深い実験が行われている。Amazonが2014年11月に初の「Alexa」搭載デバイスを立ち上げた時点では、音声は大きな賭けだった。以来、同社は小型化した2種類のフォームファクターを打ち出している。スキルの数は激増して今では1万3000を超え、うち4000以上はこの3カ月足らずの間に登場した。言うまでもなく、このデバイスは極めて好調だ。eMarketerがこのほどまとめた調査によると、Amazonは2017年の音声対応スピーカー市場を独占する勢いだ。

 130%の成長と70%の市場シェアを確保したAmazonが実験を行うことに不思議はない。2017年だけでも、カメラ端末「Echo Look」とディスプレイ付き端末「Echo Show」の両デバイスを立ち上げた。5月22日の週には初めて、パートナーが製造したテレビにAlexaを組み込んでいる。この製品はElement製だが、AlexaとFire TVの良さを全て取り込んだ。Amazonがここで止まるとは思わない方がいい。同社はまだ音声とビデオに進出したばかりだ。

スマートフォンの失敗から学んだこと

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...