CitrixがTIBCOと合併へ Citrixユーザー1億人にもたらされる「データ分析」の価値はTechTarget発 世界のITニュース

Citrix Systemsはデータ分析大手TIBCO Softwareと合併し、Citrix製品にデータの管理や分析ができる機能を追加する。ユーザー企業にとってのメリットは何なのか。

2022年03月18日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

Citrix | アプリケーション | 経営


 Citrix Systemsは2022年1月31日(米国時間)、投資会社のVista Equity Partners ManagementとEvergreen Coast Capitalによる買収提案に合意したと発表した。Vista Equity Partners ManagementとEvergreen Coast CapitalはCitrix Systems(以下、Citrix)を現金165億ドルで買収し、Vista Equity Partners Management傘下のデータ分析ソフトウェアベンダーTIBCO Softwareと合併させる。買収は2022年半ばに完了する見通しだ。

 1989年設立のCitrix Systemsは「デジタルワークスペース」を切り口とし、仮想化やシステム運用管理、セキュリティなど多岐にわたって製品を提供。同社によると、全世界で40万社以上のユーザー企業と約1億人のユーザーを有している。

パンデミックが決め手に このタイミングで買収に踏み切った背景は?

 TIBCO Softwareは1997年に設立され、データの管理や分析のためのソフトウェアを提供している。2014年、Vista Equity Partners Managementに43億ドルで買収され、非公開企業になった。

 今回の買収によるTIBCO SoftwareとCitrix Systemsの合併で、Citrix Systemsの製品群にTIBCO Softwareのデータ管理・分析機能が追加されることになる。TIBCO Softwareのダン・ストリートマンCEO(最高経営責任者)は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によるテレワークの普及で、Citrix製品の需要が高まったことが買収のきっかけになった」と説明する。

 TIBCO Softwareは「Predict」(予測)、「Connect」(接続)、「Unify」(統合)の3分野の製品開発に注力しており、それらを組み合わせて「Hyperconverged Analytics」(ハイパーコンバージドアナリティクス)と呼ぶ。具体的にはクラウドコンピューティングやビジネスインテリジェンス(BI)、データ管理といった技術を融合させ、ユーザー企業がデータをビジネスに活用できるようにしている。

Citrix Systemsのブランドは維持

 買収条件によると、Citrix Systemsの株主は1株当たり104ドルを受け取る。買収はCitrix Systemsの取締役会によって承認されたが、Citrix Systemsの株主と規制当局のそれぞれの承認も必要だ。買収完了後、Citrix Systemsの株式は株式市場Nasdaqでの取引を停止し、同社は非公開企業となる。Citrix Systemsの社名とブランドは残るという。

 Vista Equity Partners Managementは2021年、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ベンダーBlue Prismの買収を目指していた。しかしVista Equity Partners Managementの入札額をSS&C Technologiesが上回り、Vista Equity Partners Managementはそれ以上の金額を提示しなかったため、買収は実現しなかった。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...