アバターと働ける「Unlimited Reality」とは? Deloitteのメタバース製品群TechTarget発 世界のITニュース

Deloitte Consultingの「Unlimited Reality」は、仮想世界「メタバース」の開発や活用をしやすくする製品・サービス群だ。何を実現するのか。

2022年03月28日 05時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 システム開発に注力しているコンサルティング会社Deloitte Consultingは2022年1月、仮想的な3次元(3D)空間「メタバース」を切り口とした製品・サービス群「Unlimited Reality」を発表した。仮想現実(VR)技術や拡張現実(AR)技術を使ったシステム開発を可能にするツールをそろえ、メタバース活用に取り組んでいる企業に提供する。

“アバターと働く世界”を生み出す「Unlimited Reality」

 企業はUnlimited Realityを利用することで、建築物や交通インフラといった物理的な空間と、その中で活動する人やロボットをメタバースとして再現できるようになる。メタバースのエンドユーザーは、アバター(仮想キャラクター)と共同作業したり、さまざまな体験を共有したりできる。

 Unlimited Realityに併せて、Deloitte Consultingは開発支援サービス「Dimension10 Studio」も発表した。Dimension10 Studioは、VR/AR技術を活用したシステム開発をしやすくする。

 Dimension10 Studioのインフラには、人工知能(AI)技術のデータ処理に最適化したNVIDIA製のGPU(画像処理プロセッサ)シリーズ「GeForce RTX」を採用。同社AIシステム専門部隊のDeloitte AI Instituteが中心になってDimension10 Studioを運用する。

 メタバースに関するDeloitte Consultingの取り組みは、NVIDIAとのパートナーシップに基づいている。NVIDIAもメタバース関連の技術開発に力を入れ、2021年11月にはAI技術を使って人間とアバターが相互対話できるシステム「Omniverse Avatar」を発表した。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...