Excelでは「行」と「列」をどう使い分けるべきか?「行」と「列」の違いをあらためて考える【中編】

「Microsoft Excel」をはじめとする表計算ソフトウェアを使う際、「行」と「列」をどう使い分けるべきなのか。行と列が果たす役割の違いを踏まえて解説する。

2022年07月29日 08時15分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

関連キーワード

RDBMS | データ


 「行」と「列」は、それぞれを組み合わせたときに大きな力を発揮する。例えば元素の周期表は、同じ行(左か右)にある元素の近似性や、同じ列(上か下)にある元素の共通性を可視化するために、行と列の両方を使う。

Excelでの「行」と「列」の“正しい使い方”とは?

併せて読みたいお薦め記事

連載:「行」と「列」の違いをあらためて考える

データを扱うための基礎知識


 「Microsoft Excel」や「Google Sheets」(Googleスプレッドシート)、「Apple Numbers」「Apache OpenOffice Calc」といった表計算ソフトウェアは、データを行と列に整理する。表計算ソフトウェアで日付を伴うデータを扱うときは、日付を表の上から下に向かって、列に配置することが一般的だ。各行には費用や売上高といった、その行の日付に対応するデータを入力する。表計算ソフトウェアはこの位置関係を用いて、さまざまな足し算や引き算をする。

 表1に、行と列の主な違いをまとめた。

表1 行と列の比較表
項目
整列方法 水平 垂直
順序 左から右へ 上から下へ
計算 和は最終行の下に表示 和は最終列の右に表示
一般的に数値 一般的に文字
データベースでの主な名称 レコード、エンティティ フィールド

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...