「ビジネス用メタバース」を始めたFacebook改めMetaは、何を考えているのか?「メタバース」はビジネスに役立つか【前編】

Facebookは2021年10月に社名を「Meta」に変更し、仮想3次元空間である「メタバース」が今後のビジネスコミュニケーションを大きく変えると意気込んでいる。同社が描くメタバースのコンセプトとは。

2021年12月01日 05時00分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 Facebookは2021年10月28日(米国時間、以下同じ)に社名を「Meta」に変更した。同社は仮想的な3次元(3D)空間である「メタバース」がインターネットを大きく変え、仕事のコラボレーションの方法も変わると考えている。だが社名を新しくしたからといって、同社のデータ共有とプライバシー問題に向けられる懸念が解消したわけではない。

Metaは「メタバース」で何をしようとしているのか

 CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、2021年10月28日に同社が開催したバーチャルイベント「Facebook Connect」で、メタバース技術がインターネットの次の進化になるというビジョンを示した。仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の市場はますます成長すると見られており、調査会社IDCが2020年11月17日に発表したプレスリリースによれば、2024年までに市場規模が728億ドルになる。

図1 メタバースのイメージ(出典:Metaのプレス向け資料)《クリックで拡大》

 メタバースという言葉は、米国の作家ニール・スティーブンソン氏が書いた『Snow Crash』(スノウ・クラッシュ)という小説に由来する。そのコンセプトは、人々が交流できる持続的な仮想空間であり、VRやARなどの没入型技術で実現するものだ。

 ザッカーバーグ氏は「メタバースで人々の共同作業の方法が変わる」と考えている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)をきっかけに多くの人がテレワークに移行し、パンデミックが収まった後も多くの人がテレワークを続けると同氏は予想する。

 テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」に順応するには「人々が一緒に仕事をするためのさらに優れたツールが必要になる」とザッカーバーグ氏は話す。


 中編は、メタバースで働くことのメリットと、プライバシーに関する懸念について考察する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...