コンテナとDockerとWindows Server 2016の“なんともややこしい”関係DockerツールはWindows Server 2016で使えるが……

Dockerは現在において最も普及しているコンテナ技術だが、今のところ、Linuxでしか動作しない。Microsoftが新たに提供する「Windows Server コンテナ」は、こうした状況を大きく変える。そう、いろいろな意味で。

2016年04月22日 12時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
Microsoft Developer Networkでは、Windows Server 2016に実装予定のコンテナ技術を解説するコンテンツを用意している《クリックで拡大》

 オープンソースの「Docker」は現在最も普及しているコンテナプラットフォームの1つだ。そのDockerには大きな欠点がある。それは、今のところ、Linuxでしか動作しないことだ。

 そのため、Windowsを主要なOSとして導入している企業IT部門は、何かしらの方法でLinuxシステムを導入するか、Docker以外のコンテナプラットフォームを使うしかなかった。

 だが、こうした状況が今後変わろうとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。