2016年04月22日 12時00分 公開
特集/連載

コンテナとDockerとWindows Server 2016の“なんともややこしい”関係DockerツールはWindows Server 2016で使えるが……

Dockerは現在において最も普及しているコンテナ技術だが、今のところ、Linuxでしか動作しない。Microsoftが新たに提供する「Windows Server コンテナ」は、こうした状況を大きく変える。そう、いろいろな意味で。

[Brien Posey,TechTarget]
Microsoft Developer Networkでは、Windows Server 2016に実装予定のコンテナ技術を解説するコンテンツを用意している《クリックで拡大》

 オープンソースの「Docker」は現在最も普及しているコンテナプラットフォームの1つだ。そのDockerには大きな欠点がある。それは、今のところ、Linuxでしか動作しないことだ。

 そのため、Windowsを主要なOSとして導入している企業IT部門は、何かしらの方法でLinuxシステムを導入するか、Docker以外のコンテナプラットフォームを使うしかなかった。

 だが、こうした状況が今後変わろうとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。