Windows Server 2016評価版をインストールする──Active DirectoryでDNSの設定編体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第9回】(1/2 ページ)

体験版=評価版のWindows Server 2016で「サーバーマネージャー」から「Active Directory」を設定する。今回はDNSの設定まで覚えてみよう。

2017年07月21日 05時00分 公開
[塩田紳二]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定など、新しく登場した“操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 前回の「Windows Server 2016評価版をインストールする──Active Directory設定編」から引き続き、「Windows Server 2016」(以下、WS16)の設定ツール「サーバーマネージャー」から、Windows環境向けのディレクトリシステム「Active Directory」(以下、AD)を設定していく。

 ADの設定は、Windows Serverの運用において基本的かつ必須といえる。ADを設定できれば、他のサービスは必要になったときでも構わない。なお、サーバーマネージャーは、インストールするサービスに対して依存関係のあるものをまとめて設定するため、ユーザーは関連するサービスについて“気を回す”必要はない。

 ただしWindows Serverの運用が初めてで設定の経験がない場合は、それぞれのサービスを理解しながら設定していくのもよいだろう。サービスごとに必要な初期設定項目は結構あり、まとめてやってしまうと、あまり記憶に残らず、後々何をしたのか分からなくなることが多いからだ。

ADのインストール

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...