2017年03月17日 08時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行

「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。

[Michael Otey,TechTarget]
Nano Serverは高密度サーバの実現に貢献するだけでなく、セキュリティ強化の面でもメリットがある

 Nano ServerはWindows Server 2016で新たに導入したヘッドレス版のWindows Serverで、必要最小限の機能だけを備えた軽量版サーバだ。「Hyper-V Container」「Storage Spaces Direct」と並ぶWindows Server 2016の3大新機能の1つといえる。

 Windows Server 2012世代で導入していた「Server Core」よりさらに小さい。完全版のWindows Server 2016と比べて導入に要する仮想ストレージ容量は93%減少し、重要な更新は92%減り、必要な再起動も80%少なくなるという。この違いはクラウドサーバのワークロードを軽減でき、クラウド実装にとって大きく貢献する。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...