2017年03月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?

「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。

[Michael Otey,TechTarget]
Nano Serverは高密度サーバの実現に貢献するだけでなく、セキュリティ強化の面でもメリットがある

 Nano ServerはWindows Server 2016で新たに導入したヘッドレス版のWindows Serverで、必要最小限の機能だけを備えた軽量版サーバだ。「Hyper-V Container」「Storage Spaces Direct」と並ぶWindows Server 2016の3大新機能の1つといえる。

 Windows Server 2012世代で導入していた「Server Core」よりさらに小さい。完全版のWindows Server 2016と比べて導入に要する仮想ストレージ容量は93%減少し、重要な更新は92%減り、必要な再起動も80%少なくなるという。この違いはクラウドサーバのワークロードを軽減でき、クラウド実装にとって大きく貢献する。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。