2016年10月13日 15時00分 公開
特集/連載

専門家も誤解する「Windows Server 2016」の2つのコンテナ技術、比較で分かったことは時代はバイモーダル(1/2 ページ)

マイクロサービスを利用している企業にとって、コンテナ技術の選択は厄介な問題だ。本記事ではWindows Server 2016で利用できる各種コンテナの特徴について説明する。

[Michael Otey,TechTarget]

関連キーワード

Web2.0 | Docker | Linux | Windows Server


Windows Server 2016が提供する2種類のコンテナ(参照:DevOpsの成否は“運用”次第、「インフラ技術者」に期待する役割とは)《クリックで拡大》

 Web 2.0時代の幕開け以来、クラウドベースのアプリケーションは最大の技術革新の1つになった。これはコンテナ技術の登場によるところが大きい。Linuxの世界では以前からコンテナが活躍しているが、「Windows Server」では新しい技術だ。

 Microsoftは「Windows Server 2016」で、オプションとしてコンテナを初めて提供する。今日のITインフラの多くは仮想化技術をベースとしており、仮想マシン(VM)が一枚岩的なアプリケーションをサポートするのが一般的だ。例えば、1個あるいは複数のVMがWebのフロントエンドを構成し、一部のVMがビジネスロジック層を実行し、残りのVMがバックエンドのデータベースサービスを提供する、といったパターンだ。

 こうした方式とは異なり、コンテナとマイクロサービスは、モジュラー方式でクラウドアプリケーションを作成できる。コンテナを利用すれば、大規模でモノリシックなVMやアプリケーションを使わなくても、軽量なマイクロサービス群を使ってアプリケーションを作成することが可能だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...

news034.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエン...