2015年07月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コンテナ技術への対応を急ぐMicrosoft“小さい”だけではない、Windows「Nano Server」が注目される“大きな”理由

Nano Serverは単に規模を縮小したOSであるだけでなく、アプリケーションの導入方法に大きなインパクトを与える可能性がある。

[Brian Kirsch,TechTarget]
ik_tt_nano01.jpg 「Nano Server」の動作イメージ(Microsoftの発表リリースから)《クリックで拡大》

 コンテナ技術は成長を続けている。コンテナはマイクロOSではなく、アプリケーションを稼働させるのに必要なOSの一部分である。これらはJavaより軽量で、より軽量のバージョンも登場している。

 米Microsoftは以前、「Windows Server 2008」とともに、GUIのないフルバージョンのOSである「Server Core」をリリースした。Server Coreはコンテナではなかったが、コアサービスやアプリケーションを実行させるためには完全なOSが必要でないことを示した。Server Coreは、「Windows Server 2012」およびこれから発売される「Windows Server 2016」に含まれる。Microsoftは加えてWindows Server 2016で「Nano Server」を提供する予定で、サーバOSに変革をもたらすかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...