2016年06月27日 15時00分 公開
特集/連載

ミニマリズムを追求する軽量Windows「Nano Server」とは?次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供

Windows Serverのインストールオプション「Server Core」は人気が出なかった。だが、仮想マシンやクラウドでの利用に適したWindows Serverを提供するためのMicrosoftの次なる取り組みにはIT管理者も納得するかもしれない。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

OS | Windows Server | Docker


MicrosoftのNano Serverについてのブログ《クリックで拡大》

 Microsoftの次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供される軽量インストールオプション「Nano Server」への関心が高まる中、多くのシステム管理者はこの最小構成OSがMicrosoftのかつての取り組みとどう異なるのかに注目している。「Windows Server 2008」では「Server Core」というインストールオプションが提供されたが、そこには、必要最小限のユーザーインタフェースを備えた軽量Windows Server OSを提供することによって、性能の向上やインストール要件の軽減、攻撃対象領域の縮小を図るという狙いがあった。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...