2016年06月27日 15時00分 公開
特集/連載

ミニマリズムを追求する軽量Windows「Nano Server」とは?次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供

Windows Serverのインストールオプション「Server Core」は人気が出なかった。だが、仮想マシンやクラウドでの利用に適したWindows Serverを提供するためのMicrosoftの次なる取り組みにはIT管理者も納得するかもしれない。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

OS | Windows Server | Docker


MicrosoftのNano Serverについてのブログ《クリックで拡大》

 Microsoftの次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供される軽量インストールオプション「Nano Server」への関心が高まる中、多くのシステム管理者はこの最小構成OSがMicrosoftのかつての取り組みとどう異なるのかに注目している。「Windows Server 2008」では「Server Core」というインストールオプションが提供されたが、そこには、必要最小限のユーザーインタフェースを備えた軽量Windows Server OSを提供することによって、性能の向上やインストール要件の軽減、攻撃対象領域の縮小を図るという狙いがあった。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...