ミニマリズムを追求する軽量Windows「Nano Server」とは?次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供

Windows Serverのインストールオプション「Server Core」は人気が出なかった。だが、仮想マシンやクラウドでの利用に適したWindows Serverを提供するためのMicrosoftの次なる取り組みにはIT管理者も納得するかもしれない。

2016年06月27日 15時00分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

関連キーワード

OS | Windows Server | Docker


MicrosoftのNano Serverについてのブログ《クリックで拡大》

 Microsoftの次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供される軽量インストールオプション「Nano Server」への関心が高まる中、多くのシステム管理者はこの最小構成OSがMicrosoftのかつての取り組みとどう異なるのかに注目している。「Windows Server 2008」では「Server Core」というインストールオプションが提供されたが、そこには、必要最小限のユーザーインタフェースを備えた軽量Windows Server OSを提供することによって、性能の向上やインストール要件の軽減、攻撃対象領域の縮小を図るという狙いがあった。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...