2016年01月28日 08時00分 公開
特集/連載

Windows XP使用企業が悲鳴を上げるWindows 10移行“こんなはずじゃなかった”まだ使っている代償はこんなにも大きい

今やWindows XPを使うリスクを知らないものはない。しかし、オフィスの片隅で動いているWindows XPはまだまだある。確実な解決策はWindows 10への移行だ。しかし、XPから10への道はかなり険しい。

[Brien Posey,TechTarget]
日本マイクロソフトもWindows XPサポート終了をWebページで告知している《クリックで拡大》

 MicrosoftによるWindows XPのサポートは2014年4月に終了している。また、多くのハードウェアベンダーもWindows XP対応ドライバの開発を終了している。その結果、大半のIT管理者にとって、自社のクライアントPCでWindows XPを実行し続けることは得策ではなくなっている。

 あなたがまだWindows XPを使っているなら、可能な限り早く新しいOSへの移行を実施すべきだ。という忠告を聞くと「せっかく新しくするなら、Windows 10を導入しよう」と考えるユーザーも少なくないはずだ。だが、Microsoftは、Windows XPのインプレースアップグレードや、一足飛びのアップグレードをサポートしていない。そういうわけで、将来的には使っているハードウェアのサポートを自分で確認し、アプリケーションの互換性テストを自分で行い、クリーンインストールをする必要性が高くなるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...