2015年12月04日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」問題は数年後にやってくる Edge互換性、プライバシーなど山積互換性とプライバシーに懸念(1/2 ページ)

注目の「Windows 10」だが、移行にまつわる問題はあらゆるOSと同様に存在する。“人柱”になった米国の先行ユーザーは、互換性とプライバシーの問題を指摘する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Microsoft Edge 「Windows 10」の標準Webブラウザになる「Microsoft Edge」《クリックで拡大》

 「Windows 10」の一般提供から数カ月が経過した。恐らく米MicrosoftによるWindows 10の宣伝を耳にしたり、Windows 10の機能に関する特集記事を読んだりしたことがあるだろう。だが、実際に使用しているユーザーはどのように感じているのだろうか。

 初期の普及率から考えると、文句の付けようがない製品を想像するかもしれない。だが実際のところ、Windows 10には問題がある。

 まず、新しいOSに移行する際にはお決まりの、頭が痛くなるような問題が付きまとう。Windows 10の場合もそういったあらゆる頭痛の種から逃れることはできない。次に、プライバシーの懸念と新しいWebブラウザの問題もある。新しいブラウザは、Microsoftの「Internet Explorer」(IE)のAPIと上手く連係しない。その一例が「Microsoft Silverlight」だ。大きくつまずくことがないように、本稿では一部のブロガー達が経験したWindows 10の問題について解説したい。

移行は困難

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...