「Windows 10」問題は数年後にやってくる Edge互換性、プライバシーなど山積互換性とプライバシーに懸念(1/2 ページ)

注目の「Windows 10」だが、移行にまつわる問題はあらゆるOSと同様に存在する。“人柱”になった米国の先行ユーザーは、互換性とプライバシーの問題を指摘する。

2015年12月04日 08時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
Microsoft Edge 「Windows 10」の標準Webブラウザになる「Microsoft Edge」《クリックで拡大》

 「Windows 10」の一般提供から数カ月が経過した。恐らく米MicrosoftによるWindows 10の宣伝を耳にしたり、Windows 10の機能に関する特集記事を読んだりしたことがあるだろう。だが、実際に使用しているユーザーはどのように感じているのだろうか。

 初期の普及率から考えると、文句の付けようがない製品を想像するかもしれない。だが実際のところ、Windows 10には問題がある。

 まず、新しいOSに移行する際にはお決まりの、頭が痛くなるような問題が付きまとう。Windows 10の場合もそういったあらゆる頭痛の種から逃れることはできない。次に、プライバシーの懸念と新しいWebブラウザの問題もある。新しいブラウザは、Microsoftの「Internet Explorer」(IE)のAPIと上手く連係しない。その一例が「Microsoft Silverlight」だ。大きくつまずくことがないように、本稿では一部のブロガー達が経験したWindows 10の問題について解説したい。

移行は困難

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...