2015年12月04日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」問題は数年後にやってくる Edge互換性、プライバシーなど山積互換性とプライバシーに懸念(2/2 ページ)

[Eddie Lockhart,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Microsoft Edgeの前に立ちはだかるアプリとの互換性

 Windows 10には、新しいブラウザである「Microsoft Edge」が導入された。Edgeには多数の機能が搭載されている。例えば、読みやすい形式でWebページを表示する「読み取りビュー」や、ユーザーがWebページに直接書き込める「Webノート」などがある。

 ブルガリアTelerikの「Telerik Developer Network」にブログ記事を投稿しているジョン・ブリストー氏によれば、Edgeは一般的な「Internet Explorer API」と縁を切っているという。具体的には、Microsoftの「ActiveX」やSilverlightなどだ。つまり、Windows 10に移行してSilverlightアプリを運用しようとしても、Edgeではアプリを操作できない。Windows 10にもIEは搭載されている。だが、Microsoftは、IEのサポートを2021年の10月に終了するとしている。それまでに自社の開発者がEdgeに対応したアプリを用意できるかどうかを見極めなければならない。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...