2015年12月04日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」問題は数年後にやってくる Edge互換性、プライバシーなど山積互換性とプライバシーに懸念(2/2 ページ)

[Eddie Lockhart,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Microsoft Edgeの前に立ちはだかるアプリとの互換性

 Windows 10には、新しいブラウザである「Microsoft Edge」が導入された。Edgeには多数の機能が搭載されている。例えば、読みやすい形式でWebページを表示する「読み取りビュー」や、ユーザーがWebページに直接書き込める「Webノート」などがある。

 ブルガリアTelerikの「Telerik Developer Network」にブログ記事を投稿しているジョン・ブリストー氏によれば、Edgeは一般的な「Internet Explorer API」と縁を切っているという。具体的には、Microsoftの「ActiveX」やSilverlightなどだ。つまり、Windows 10に移行してSilverlightアプリを運用しようとしても、Edgeではアプリを操作できない。Windows 10にもIEは搭載されている。だが、Microsoftは、IEのサポートを2021年の10月に終了するとしている。それまでに自社の開発者がEdgeに対応したアプリを用意できるかどうかを見極めなければならない。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...