2016年01月14日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 7の“引退”はお早めに「Windows 10無料期間」を逃したWindows 7ユーザーを待ち受ける“痛過ぎる代償”

「Windows 7」のサポート終了が迫る中、IT部門は古くなったこのOSからの移行について早急に検討しなければならない。Microsoftに支払うコストが増大する可能性があるからだ。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 7のメインストリームサポートは2015年1月13日に終了し、延長サポートに入った(画面は日本マイクロソフトのWebサイト)《クリックで拡大》

 「Windows 7」は安定性が高く信頼できるOSとして定評がある。だが、まだWindows 7を使っている組織は、引退させるかどうか、あるいはいつ引退させるかについて検討しなければならない。

 2009年7月にリリースされたWindows 7は、今では古さが目立ち始めた。そこでMicrosoftは、顧客に対して「Windows 10」への移行を奨励している。

 多くの組織は、デスクトップOSに関して「壊れていないものは直さない」方針を取っている。何の問題もなく機能しているOSを引退させることに二の足を踏むのは無理もない。だが早いうちにWindows 10への移行が必要な、差し迫った理由が2つある。

理由1:迫るサポート切れ

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...