2021年02月24日 05時00分 公開
特集/連載

「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由2021年のDXトレンド予測【後編】

2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。

[Isaac Sacolick,TechTarget]

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関して、2021年に動きが活発化すると考えられる5大トレンドを紹介する本連載。「アジャイル」を紹介した前編「アジャイルが『DX』に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?」、そして「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を紹介した中編「DXの加速に『ノーコード/ローコード開発』と『マルチクラウド』が不可欠な理由」に続く本稿は、残る2つのトレンドを紹介する。取り上げるトレンドはデータの即時かつ高速な処理を可能にする「リアルタイムデータ処理」と、DevOps(開発と運用の融合)を機械学習モデルの開発に生かす「MLOps」だ。

トレンド4.リアルタイムデータ処理:アプリ開発の主流に

 かつてリアルタイムデータ処理とは、金融サービスや広告技術など、データの遅延が数秒解消されるだけで大きな優位に立てる用途のための、実現困難な技術的目標だった。「毎晩」「週に1回」「月に1回」といった頻度で実施する不安定なデータ更新と、手作業によるデータ品質問題の解決、複雑なクエリの実行が日常業務だった。

 今の最高情報責任者(CIO)やIT部門長といったITリーダーには、リアルタイムデータ処理を可能にする次のような技術の選択肢がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...