「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由2021年のDXトレンド予測【後編】

2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。

2021年02月24日 05時00分 公開
[Isaac SacolickTechTarget]

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関して、2021年に動きが活発化すると考えられる5大トレンドを紹介する本連載。「アジャイル」を紹介した前編「アジャイルが『DX』に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?」、そして「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を紹介した中編「DXの加速に『ノーコード/ローコード開発』と『マルチクラウド』が不可欠な理由」に続く本稿は、残る2つのトレンドを紹介する。取り上げるトレンドはデータの即時かつ高速な処理を可能にする「リアルタイムデータ処理」と、DevOps(開発と運用の融合)を機械学習モデルの開発に生かす「MLOps」だ。

トレンド4.リアルタイムデータ処理:アプリ開発の主流に

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...