2021年02月08日 05時00分 公開
特集/連載

アジャイルが「DX」に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?2021年のDXトレンド予測【前編】

ITリーダーがDX実現に向けて求められる役割の中には、企業文化に関係することも含まれるようになる。具体的な役割を理解する上で重要なキーワードが「アジャイル」だ。

[Isaac Sacolick,TechTarget]

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を耐え忍ぶために、組織は新たなリスクに備え、新しいビジネスモデルに軸足を移し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを加速させた年だった。

 COVID-19に翻弄(ほんろう)された時代の中で、ビジネスの「デジタル化」はもはやぜいたくではなく死活問題になった。テレワーク実現のため、ビジネスコラボレーションを主軸にしたワークフローに切り替えるため、顧客体験にかかわるサプライチェーン管理と業務を再編するために、DXは不可欠の取り組みとなった。

 最高情報責任者(CIO)やIT部門長といったITリーダーはもはや「業務の全側面にとってそのシステムはどれほど重要な技術か」を事業部門に売り込む必要がなくなった。IT部門は事業部門のリーダーと協力して、コラボレーションやワークフロー、データ分析のクラウドサービスをどれだけ速く導入できるかを2020年は問われていた。

 この傾向は2021年も続く見通しだが、一つ違いがある。今後のITリーダーは受動的な姿勢ではなく、積極的で戦略的な姿勢でDXプロジェクトに関与するようになる。ITリーダーは事業部門の同僚と手を組んで、デジタルビジネスモデルを構築・調整し、実験を優先する文化を醸成し、技術とデータを使って競争上の優位を確立するようになるだろう。

 ITリーダーは、会社の成功を支える戦略と優先課題、ロードマップをどう形成する必要があるのだろうか。それを考えるヒントとなる2021年のDXトレンドを5つ紹介する。

トレンド1.アジャイル:企業に一層深く浸透し、ビジネスモデルや文化を再編

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...