組織が大きいほどDXは難しい――食品メーカーMarsが重視する「人の巻き込み方」大企業がDXを進めるには【後編】

世界各国でビジネスを展開するMars。大規模な組織が全社的にDXを進めるためには、何を重視すべきなのか。同社でDXを率いるリーダーに話を聞いた。

2023年03月22日 05時00分 公開
[Pat BransTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | IT投資 | IT戦略


 食品メーカーのMarsで「デジタルトランスフォーメーション」(DX)担当のリーダーを務めるマライン・グレヴィンク氏は、「企業の進化は技術の進化にすぐに先を越されてしまう」と語る。同社のDXチームは変化に追随できるよう、常にスピード感のある仕事を心掛けている。

大規模な組織が「機動性のあるDX」を実現するには

 「世界各国でビジネスを展開する企業は、ビジネスのスピードを追求することが大きな課題になる」とグレヴィンク氏は指摘する。Marsは、大きなリスクを背負ってでも未来へ投資することを重視する。「リスクはあるが、回数を重ねることで得られる学びがある」と同氏は語る。

 グレヴィンク氏が所属するDXチームは、成功するために頻繁に試行錯誤を繰り返しているという。同チームは、その取り組みをチーム内だけでなく同社全体に広げることを重要視する。例えば製造現場の従業員も巻き込んで、工場の変革に向けた試行錯誤を繰り返している。「現場の視点でミッションやビジョン、戦略を正しく理解することから始まる」(同氏)

 グレヴィンク氏によると、MarsのDX推進のためのロードマップは同社の製造工場と強いつながりを持つ運営委員会が作成している。ロードマップは経営層からトップダウンで押し付けるものではなく、それに関わる全ての人々が納得しなければならない。そのために最初から製造工場を巻き込むようにしているのだという。

 グレヴィンク氏によると、製造工場の従業員が取り組みやすい課題をDXチームが設定して、その達成を従業員に積み重ねてもらうという取り組みを実施している。DXチームのメンバーは工場の制御室や製造ラインで従業員の隣に座り、従業員には試験的な取り組みを実施してもらう。そこから得たフィードバックをアプリケーションの開発者に伝え、改善につなげる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news171.png

2024年のGW予算は横ばい 賃上げよりも物価高と円安の影響が勝る?――インテージ調査
インテージが全国の15歳から79歳の男女を対象に実施したゴールデンウイークに関する調査...

news148.jpg

CNN幹部が語る、メディアビジネスにとってのAIのリスクと機会
生成AIがコンテンツを量産し、真偽の明らかでない情報があふれかえる中、メディアの価値...

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。