“DXって言いたいだけの会社”にならないための「DX目標の設定」の勧めDX(デジタルトランスフォーメーション)目標10選【第1回】

DXの実現に向けた取り組みに着手する際には、事前に目標を設定しておくのが望ましい。それはなぜなのか。具体的には、どのような目標を設定すればよいのか。

2023年02月24日 10時00分 公開
[Eric St-JeanTechTarget]

関連キーワード

導入・運用のコスト感


 「DX」(デジタルトランスフォーメーション)を目指す企業は、具体的な行動に着手する前に、目標を設定しておくことが重要だ。DX目標の設定は、例えば以下の実現に役立つ。

  • リソース配分
  • 従業員や社外関係者とのコミュニケーション
  • 進捗(しんちょく)状況の測定

 企業のリーダーは一般的なDX目標を参考にして、自社にとってどのようなDX目標が有意義なのかを検討するとよい。本連載は、一般的なDX目標を10個例示し、その役割を解説する。

1.従業員を手作業から解放する

 一般的なDX目標の一つは、手作業を削減することだ。人の手で何度もデータを入力すると時間がかかり、エラーが発生しやすい。

 プロセスを自動化すれば、従業員を手作業から解放できる。例えば一定金額以下の請求書の承認を自動的に省略することが可能になる。これにより承認担当者は、より重要な業務に集中できるようになる。


 第2回は、2個目から4個目のDX目標を取り上げる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...