地域の住民にアピールする「ローカルSEO」とは? その簡単な始め方検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第9回】

特定の地域で暮らす既存顧客や潜在顧客に自社のWebサイトをアピールするための手法が「ローカルSEO」だ。ローカルSEOを実践するには、まず何をすればよいのか。

2023年02月24日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

SEO | Google | 検索エンジン | Webサイト


 自社のWebサイトを検索エンジンの上位に表示させるには、幾つかの工夫が必要だ。検索エンジンの検索結果の上位に自社のWebサイトを表示させるための8つのポイントのうち、8つ目を紹介する。

8.「ローカルSEO」の活用

 Googleの地図サービス「Googleマップ」(Google Maps)や地域の情報サイト、検索エンジンのオーガニック検索結果(広告枠を除いた検索結果)に自社のWebサイトを表示させ、地域のエンドユーザーを誘導する――。これがローカルSEO(SEO=検索エンジン最適化)だ。

 SEO対策ツールベンダーのBrightLocalが米国の消費者1124人を対象に、2022年に実施したローカル消費者レビュー調査によると、過去1年間に99%の人がインターネットを利用して地元企業について調べたという。地域のエンドユーザーが検索したときに、自社の事業が検索液化に表示されやすくようにするには、以下の施策が有効だ。

  • Webサイトに自社のオフィスの位置情報のページを作成する。
  • Webページに「ヒューストン」「Web」「制作」など、自社の事業や所在地に関連するキーワードを盛り込む。
  • Googleのサービス「ビジネスプロフィール」(Business Profile)を登録する。こうすることで、自社の位置情報や事業内容をGoogleの検索エンジンやGoogleマップの検索結果に表示させることができる。
  • ビジネスプロフィールを定期的に更新する。
  • 名前、住所、電話番号といった一連の情報が、Webページ間で一貫していることを確認する。
  • 地図サービスや口コミサイトに書かれたレビューには、肯定的であっても、否定的であっても反応する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...