コンタクトセンターのIT製品導入、「RFP」作成が肝になる理由CXを高める、コンタクトセンターにおけるRFPの作り方【第1回】

コンタクトセンターのCX向上を目指し、製品を導入する場合に重要なのが提案依頼書(RFP)の作成だ。なぜRFPが必要なのか。その効果は。

2021年10月26日 05時00分 公開
[Robin GareissTechTarget]

関連キーワード

RFP | コンタクトセンター


 ユーザー企業がコンタクトセンターで利用するIT製品/サービスには、さまざまな選択肢がある。カスタマーエクスペリエンス(CX)向上に関わるリーダーは、ベンダーに対してシステム構築の依頼をする前に、正式な提案依頼書(RFP)を作成する必要がある。

RFP作成を「正式なプロジェクト」にすべき理由

 RFPを作成する際、ユーザー企業は必要な質問事項をベンダーに示し、それに対する回答を定量的側面と定性的側面から評価して、自社の要件に最適なサービスを提供するベンダーを絞り込む必要がある。

 コンタクトセンター向け製品を扱うベンダーの選択肢は数え切れないほどある。クラウドサービスだけを提供するベンダーもあれば、IaaS(Infrastructure as a Service)で構築したサービスと、オンプレミスインフラで構築したサービスの両方を組み合わせた提案をするベンダーもある。ユニファイドコミュニケーション(UC)製品を提供するベンダー、人工知能(AI)技術を搭載した製品を提供するベンダー、基本的な機能のみを持つ製品を提供するベンダーなどさまざまだ。だからRFPを使って、最適なベンダーを選ぶのに必要な回答や情報を取得する。ベンダーの回答を集めることで、そのベンダーの提案が自社のCXを高め、イノベーションに導いてくれるのかについて、おおよその見通しを立てることができる。

 本稿は、コンタクトセンター向け製品のRFP作成手順におけるベストプラクティスを紹介する。

 RFP作成はさまざまな役割の人が関与する複雑なプロジェクトになる。関係者全員の時間を有効活用するためにも、コンタクトセンターのCX向上に関わるリーダーはRFPの作成を正式なプロジェクトとして扱い、プロジェクトマネジャーを任命してプロジェクトチームを編成するのが望ましい。プロジェクトマネジャーの主な役割は、

  • チームメンバー間の調整
  • 会議のスケジューリング
  • 計画予定表の策定
  • 問題発生時の調整
  • プロジェクトの進捗(しんちょく)把握
  • RFPの策定に協力するベンダーやパートナーとのやりとり

などだ。

 コンタクトセンター向け製品のRFP作成プロジェクトは意外と時間がかかる。理由は、意思決定が複雑なことと、その重要性だ。コンタクトセンターの規模によっては、初回の会議から最終意思決定までのプロセスが12週間から6カ月に及ぶこともある。大規模かつ複雑な組織構成のコンタクトセンターを抱える企業が、きめ細かい技術評価を必要としていて、しかもオンプレミスシステムからクラウドサービスに移行する場合は、RFP作成に最長1年かかることもあり得る。


 第2回は、RFP作成プロジェクトで踏むべき6つの手順から2つを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...