検索順位が上がる「モバイルフレンドリー」なWebサイトの作り方検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第7回】

モバイルデバイスで利用しやすい「モバイルフレンドリー」なWebサイトは、検索エンジンで上位に表示されやすい。モバイルデバイスで快適に動作するWebサイトを構築するための幾つかのポイントを説明する。

2023年02月10日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

SEO | Google | 検索エンジン | Webサイト


 検索エンジンの検索結果の上位に表示されるWebサイトは、より多くの人々のアクセスを見込めるようになる。連載第7回は、自身が管理するWebサイトへのアクセスを増加させるのに有効な、Webサイトをモバイルフレンドリー(モバイルデバイスで利用しやすい設計)にする方法を説明する。

6.Webサイトをモバイルフレンドリーにする

 Webサイトのアクセス解析ツールを提供するStatcounterが、同社のトラッキングコードが組み込まれたWebサイト150万件以上を対象に実施した調査によると、2022年12月のWebサイトのアクセス(ページビュー)の61.42%はモバイルデバイス(携帯端末)からだ。検索エンジンベンダーは検索結果を表示する上で、こうした状況を考慮していると考えられる。検索エンジンで上位に表示されるためには、Webサイトはモバイルフレンドリーであることが必要になる。

 自社のWebサイトがモバイルフレンドリーかどうかは、Googleのツール「モバイルフレンドリーテスト」で確認できる。モバイルフレンドリーテストは、Webサイトがモバイルフレンドリーなのか、それとも改善が必要なのかを知らせる。

 ページの読み込み速度は、Webサイトがモバイルフレンドリーかどうかを決定する大きな要素だ。ページのレイアウトやフォントサイズも、Webサイトをモバイルフレンドリーにすることに貢献する。

 モバイルフレンドリーなWebサイトを実現するためには、以下の対処が必要だ。

  • Adobeの「Adobe Flash Player」形式の画像や動画は、既にモバイルデバイスでも、通常のPCでも利用できないので使わない。
  • Webページがリンクばかりにならないように、リンクの間隔を空ける。
  • ページの読み込み時間を改善するために、画像の数と画像の容量を抑える。
  • 何行にもわたる長い文章を書かない。
  • 小さな画面でも読めるように大きなフォントを使用する。
  • Webサイトの画面を親指でスクロールしやすくするために、各種ボタンを大きくし、画面下方に配置する。
  • シンプルなデザインにする。

 モバイルデバイスで頻繁にWebサイトをテストすることが不可欠だ。その際、ページが読みやすく、ページ間の遷移が容易であることを確認する。


 第8回は、8つのポイントのうち、7つ目を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...