2023年02月03日 08時15分 公開
特集/連載

検索に強い“爆速読み込みWebサイト”を構築する方法検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第6回】

検索エンジンに“良いWebサイト”と見なされるには、Webサイトの読み込み時間の高速化が必要になる。その実現には、どのような工夫が必要なのか。

[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

SEO | Google | 検索エンジン | Webサイト


 Webサイトの読み込み時間が高速であることと、Webサイトがモバイルデバイスでの利用に適した状態になっていることは、エンドユーザーにとって快適なだけではなく、検索エンジンにも高く評価される傾向にある。検索エンジンの検索結果の上位に自社のWebサイトを表示させるための8つのポイントのうち、5つ目を紹介する。

5.Webサイトの読み込み時間を改善する

 Webサイトのページ読み込み時間が遅い場合、検索エンジンがそのことを認識すると、ランキングが下がりやすくなる。エンドユーザーがWebサイトから離れるきっかけにもなる。Web開発ツールのレビューサイトを手掛けるDigital.comの調査によると、オンラインショッピング利用者の約52%が、6秒以内にダウンロードが完了しないWebサイトから離れる。調査は2022年1月16日(現地時間)、米国の成人1250人を対象にオンラインで実施した。

 Googleの判定ツール「PageSpeed Insights」を利用すると、Webサイトのページ読み込み速度を確認できる。PageSpeed Insightsのレポートは、読み込み速度を表示し、改善点を一覧表示する。

 ページの読み込み時間に影響を与える要因には、以下のものがある。

  • サイズの大きい画像やカスタムフォントを使用することによる、ページサイズの増大。
  • CMS(コンテンツマネジメントシステム)のプラグインがもたらす問題。
  • 回線の容量不足。

 第7回は、8つのポイントのうち、6つ目を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...