金融機関が「AI」を生かすべき用途は「コンプライアンス」だった その根拠とは金融機関が「AI」でコンプライアンスを効率化する方法【前編】

金融機関にとって重要かつ複雑な課題であるコンプライアンス。その効率化を進める上で、人工知能(AI)技術が大きな助けになるという。それはなぜなのか。

2023年02月06日 13時30分 公開
[Yuktesh KashyapTechTarget]

関連キーワード

金融


 金融機関はコンプライアンス(法令順守)の維持に苦悩している。金融業界における規制は常に変化しており、その厳しさが金融機関に大きな圧力を与えているのだ。規模の大小にかかわらず、金融機関は規制の変更にどう対処するかという課題に直面している。

コンプライアンス効率化に「AI」が有効な理由はこれだ

 人工知能(AI)技術を導入することで、金融機関はコンプライアンスのプロセスを合理化し、生産性を向上させることができる。AI技術はデータ処理を通じて、コンプライアンスのプロセスをよりシンプルにし、金融機関に競争上の優位性をもたらす。

 通常、金融機関はさまざまなシステムからデータを収集し、規制当局への報告書を作成している。こうしたプロセスを実現するシステムは、一般的には迅速な変更が難しく、他のシステムとの連携が容易ではない。

 AI技術の活用によって、金融機関はデータ収集を自動化し、意思決定のスピードと質を向上させ、コンプライアンスのための体制を強化できる。例えば顧客や商品などのリスク評価をAI技術で自動化することで、金融機関はさまざまな規制に対処しやすくなる。


 中編は、コンプライアンスにAI技術を活用するメリットを深掘りする。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...