DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由2021年のDXトレンド予測【中編】

システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。

2021年02月16日 05時00分 公開
[Isaac SacolickTechTarget]

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)によって、ビジネスの「デジタル化」は死活問題になった。前編「アジャイルが『DX』に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?」は、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関して2021年に動きが活発化すると考えられる5大トレンドのうち「アジャイル」を紹介した。本稿は残る4つのトレンドの中から「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」を解説する。

トレンド2.ノーコード/ローコード開発:顧客満足や従業員エクスペリエンスに照準

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...