2021年02月16日 05時00分 公開
特集/連載

DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由2021年のDXトレンド予測【中編】

システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。

[Isaac Sacolick,TechTarget]

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)によって、ビジネスの「デジタル化」は死活問題になった。前編「アジャイルが『DX』に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?」は、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関して2021年に動きが活発化すると考えられる5大トレンドのうち「アジャイル」を紹介した。本稿は残る4つのトレンドの中から「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」を解説する。

トレンド2.ノーコード/ローコード開発:顧客満足や従業員エクスペリエンスに照準

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...