2021年02月15日 05時00分 公開
特集/連載

「プライベート5G」「ローカル5G」とは? “自社専用5G”をかなえる方法プライベートネットワークとしての「5G」【前編】

「5G」はパブリックネットワークとしてではなく、プライベートネットワークとして利用することも可能だ。実現にはどのような手段があるのか。企業が得られるメリットとは。

[George Lawton,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | WAN高速化 | 無線LAN


 「5G」(第5世代移動通信システム)が盛んにもてはやされている中、企業は5Gのどのような可能性に着目すればいいのか。5Gの応用はまだ初期段階にある。ただし技術の改良と規制の緩和、サービスの拡充などが進めば、企業の従来の無線ネットワークを代替する有力な選択肢になる。

 無線ネットワークばかりではなく有線ネットワークの用途も、5Gで部分的にカバーできる。拡張現実(AR)や高度な機能を持つソフトウェアロボットといった、全く新しいタイプのアプリケーションも5Gが実現する可能性がある。

「プライベート5G」「ローカル5G」のメリットとは

 5Gの利用形態は、通信事業者がパブリックネットワークとして提供する一般的な5Gだけではない。パブリックネットワークを部分的に占有する「プライベート5G」や、通信事業者以外が5Gの免許を取得し、5Gのプライベートネットワークを自前で構築する「ローカル5G」など、プライベートネットワークとして利用する形態もある。

 プライベートネットワークとして5Gを利用すれば、5G以外のネットワーク技術では解決できなかった、さまざまなビジネスの課題を解決できる可能性がある。「例えばネットワークを介した映像分析を取り入れることによる省力化や、応答にリアルタイム性が求められるアプリケーションを開発することによる新たな収益源の創出などが可能になる」と、コンサルティング会社Accentureのマネージングディレクター兼グローバル5Gサービス共同責任者を務めるジェファーソン・ワン氏は説明する。

 企業がプライベートネットワークとして5Gを利用する場合のメリットは、「カスタマイズ性」「自律性」「制御性の向上」などだ。実際に導入を検討する場合は、導入に当たっての設備投資額に加え、現状のビジネスの価値と、5Gの導入で得られると予測できる将来的なビジネスの価値を比較検討することも重要だ。

 5Gによるプライベートネットワークは「あらゆる問題を解決できるわけではない」とワン氏は注意を促す。「運用を継続するための労力やコストを考慮し、明確な戦略と投資回収の計画を立てることが成功に不可欠だ」(ワン氏)

 技術やサービスの開発、周波数帯の利用、カバーエリア(通信可能な地理的範囲)などの観点で、5Gを使ったプライベートネットワーク分野の競争は激しくなっている。さまざまな領域のベンダー、システムインテグレーター、通信事業者、各産業に特化したサービスプロバイダーなどが、この分野に関心を示している。例えばあるソフトウェアベンダーは、分散型の5Gネットワークを利用し、ユーザーの近くに分散配置したサーバによってデータを処理する技術「MEC」(Multi-access Edge Computing)を実現する新しいタイプのインフラ開発を進めている。

 「5Gによるプライベートネットワークの可能性は、徐々に具現化するだろう。これが可能なのは、これまでの移動通信システムよりも、市場への参入障壁が低くなっているからだ」。欧州の通信会社Colt Technology Services Groupで5Gおよびエッジコンピューティング分野のディレクターを務めるアーロン・パトゥシェ氏はそう指摘する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。