2020年05月08日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」を生かし切る「ダイナミックシェアリング」「URLLC」「eMBB」とは?「5G」のタイプと注目機能【後編】

「5G」には特有の機能がある。高速通信やIoT向けの用途を補強するためのこれらの機能は、5Gを企業の標準的な通信手段として活用できる可能性を高める。どのような機能なのか。

[Michaela Goss,TechTarget]

 前編「『ローバンド5G』『ミッドバンド5G』『ハイバンド5G』の違いは 3種の5Gを比較」で紹介した通り、「5G」(第5世代移動体通信システム)は

  • 低周波数帯の「ローバンド5G」
  • 中周波数帯の「ミッドバンド5G」
  • 高周波数帯「ハイバンド5G」

の3タイプに分類でき、それぞれ異なる特徴を持つ。例えば「ミリ波」と呼ばれる30〜300GHzの周波数帯の電波を利用するハイバンド5Gは、高速なデータ伝送速度を実現できる半面、電波が遠くまで届きにくい特徴がある。

 「ミリ波しか使えないとしたら問題だっただろう」とネットワークベンダーであるCradlepointのリンジー・ナットウェル氏は語る。5Gには周波数帯を「4G」(第4世代移動体通信システム)と共有する「ダイナミックスペクトルシェアリング」と呼ばれる新技術がある。

 ダイナミックスペクトルシェアリングは、どのタイプの5Gでも使用可能な技術だ。同じように「URLLC」(超高信頼低遅延:Ultra-Reliable and Low Latency Communications)、「eMBB」(拡張モバイルブロードバンド:enhanced Mobile Broadband)、IoT(モノのインターネット)向けの機能などをそれぞれの5Gのタイプで利用できる。それぞれについて見ていこう。

目次

ダイナミックスペクトルシェアリング

 ダイナミックスペクトルシェアリングにより、5Gと4Gが同じ周波数帯を共有できる。古い世代の通信サービスの終了に伴って使用されない周波数帯が増えれば、ダイナミックシェアリングをさらに有効に活用できる可能性が高まる。通信事業者が4Gと5Gの両方で使用できる周波数帯に投資する可能性があるからだ。

 既に4Gを導入していて5Gへの投資を検討中の企業にダイナミックスペクトルシェアリングは役立つ。「現在検討されている5Gの用途の95%以上は4Gでも実現できる。4Gを利用しつつ、状況に応じて5Gに切り替える運用が可能だ」とノットウェル氏は話す。

URLLC

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...