「コンポーザブルインフラ」とは? クラウドやHCIとの違いと類似点を解説「DX」に適したインフラ

「コンポーザブルインフラ」は企業が文化的あるいは技術的に変化するために役立つインフラだ。具体的にどのように利用することで変化をもたらせるのかを考えてみよう。

2020年05月07日 05時00分 公開
[Scott D. LoweTechTarget]

関連キーワード

データセンター


 サーバやストレージといったハードウェア、ハイパーバイザーなどインフラの構成要素を1つの筐体に集約した「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は、データセンターの構築を簡素化するための画期的な手段として登場した。CPUやメモリといったコンピューティングリソースとストレージリソースを個別に拡張できる「分散型HCI」など、HCIの新たな形態も登場し、選択肢は多様化してきた。

「オンプレミスでありながらクラウドと類似」の意味

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...