2020年05月07日 05時00分 公開
特集/連載

「コンポーザブルインフラ」とは? クラウドやHCIとの違いと類似点を解説「DX」に適したインフラ

「コンポーザブルインフラ」は企業が文化的あるいは技術的に変化するために役立つインフラだ。具体的にどのように利用することで変化をもたらせるのかを考えてみよう。

[Scott D. Lowe,TechTarget]

関連キーワード

データセンター


 サーバやストレージといったハードウェア、ハイパーバイザーなどインフラの構成要素を1つの筐体に集約した「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は、データセンターの構築を簡素化するための画期的な手段として登場した。CPUやメモリといったコンピューティングリソースとストレージリソースを個別に拡張できる「分散型HCI」など、HCIの新たな形態も登場し、選択肢は多様化してきた。

 企業は導入を簡素化できる上に、アプリケーションごとに迅速かつ無駄なくリソースを配分できるインフラ構築の手法を必要とするようになった。コンポーザブルインフラは、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介してCPU、メモリ、ストレージといった個々のリソースを制御できるようにすることで、こうしたインフラ構築を実現する。

 APIでリソースを制御するには、まずはハードウェアを構成要素のリソース別に分離する必要がある。次に個々のリソースをプール(共有)化してAPI経由で管理できるようにする。これによって組織は、特定のアプリケーションを動かすリソースを自動的に構成できるようになる。プログラムでインフラ管理を効率化する手法「IaC」(Infrastructure as Code)を具現化したインフラが、コンポーザブルインフラだと言える。

「オンプレミスでありながらクラウドと類似」の意味

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...