2020年05月07日 05時00分 公開
特集/連載

「コンポーザブルインフラ」とは? クラウドやHCIとの違いと類似点を解説「DX」に適したインフラ

「コンポーザブルインフラ」は企業が文化的あるいは技術的に変化するために役立つインフラだ。具体的にどのように利用することで変化をもたらせるのかを考えてみよう。

[Scott D. Lowe,TechTarget]

関連キーワード

データセンター


 サーバやストレージといったハードウェア、ハイパーバイザーなどインフラの構成要素を1つの筐体に集約した「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は、データセンターの構築を簡素化するための画期的な手段として登場した。CPUやメモリといったコンピューティングリソースとストレージリソースを個別に拡張できる「分散型HCI」など、HCIの新たな形態も登場し、選択肢は多様化してきた。

 企業は導入を簡素化できる上に、アプリケーションごとに迅速かつ無駄なくリソースを配分できるインフラ構築の手法を必要とするようになった。コンポーザブルインフラは、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介してCPU、メモリ、ストレージといった個々のリソースを制御できるようにすることで、こうしたインフラ構築を実現する。

 APIでリソースを制御するには、まずはハードウェアを構成要素のリソース別に分離する必要がある。次に個々のリソースをプール(共有)化してAPI経由で管理できるようにする。これによって組織は、特定のアプリケーションを動かすリソースを自動的に構成できるようになる。プログラムでインフラ管理を効率化する手法「IaC」(Infrastructure as Code)を具現化したインフラが、コンポーザブルインフラだと言える。

「オンプレミスでありながらクラウドと類似」の意味

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...