「コンポーザブルインフラ」がAWSより優れている点と、期待される役割は?事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【後編】

コンポーザブルインフラはクラウドのような特性を持っているが、クラウドとは異なる。ソフトウェアベンダーがクラウドをやめてコンポーザブルインフラを採用した理由とは。

2019年11月07日 05時00分 公開
[Garry KranzTechTarget]
画像

 「コンポーザブルインフラ」とはハードウェアのコンポーネントを必要に応じて組み立て可能なインフラだ。中編「『コンポーザブルインフラ』はHCIやコンバージドインフラと何が違うのか」ではそのコンポーザブルインフラの特徴をかいつまんで紹介した。コンポーザブルインフラはクラウドとも似た特性がある。本稿はコンポーザブルインフラを採用した企業の例を挙げつつ、コンポーザブルインフラのクラウドに似た特性を考察する。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...