2019年09月10日 05時00分 公開
特集/連載

「HCI」主要ベンダー7社を比較 Nutanix、HPE、Pivot3、Ciscoの違いは機能面で差異化を図る各社

「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)製品が急速に充実している。各HCI製品にはそれぞれどのような特徴があり、他とどう違うのか。主要ベンダーのHCI製品を紹介する。

[Alastair Cooke,TechTarget]
画像

 「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)製品の主なメリットとして、専用のストレージエリアネットワーク(SAN)が不要になることがよく挙げられる。これよりも大きなメリットは、インフラ全体の運用管理を統合し、業務を効率化できる点だ。

 各HCI製品は、独自の機能を搭載して差異化を図る。どのようなベンダーのHCI製品があり、それぞれどのような特徴があるのか紹介しよう。

Nutanix

 NutanixはHCI製品を提供し始めた当初、自社ブランドのハードウェアにHCIソフトウェアを搭載して、アプライアンスとして販売していた。発売当初、ハードウェアは1、2台または4台のノード(サーバ)を搭載できる「2U(ユニット)シャシー」を採用していた。

 その後、数年を経てNutanixはHCIソフトウェアベンダーに変わった。NutanixブランドのHCIアプライアンスは、NutanixのHCI製品を導入するための選択肢の一つでしかなくなった。

 NutanixのHCIアプライアンスで利用できるハイパーバイザー製品には、VMwareの「vSphere Hypervisor」(「ESXi」)、Microsoftの「Hyper-V」、Nutanixの「AHV」がある。AHVはオープンソースのハイパーバイザー「KVM」をその原点としている。

 管理ツール「Prism」は、NutanixのHCI製品で注目すべき要素だ。AHVの構成状況を1画面で確認でき、ネットワークの可視化、データ分析、仮想マシン(VM)の一元管理機能を備える。

 Nutanixが抱くビジョンは、HCIでは終わらず、クラウドアーキテクチャを包含する。企業のIT管理者は、デジタルビジネスの推進に貢献するアプリケーションとサービスを実現するために、クラウドを必要としているためだ。

HPE

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。