2019年07月10日 05時00分 公開
特集/連載

ITインフラの変遷を振り返る「コンポーザブルインフラ」は「HCI」と何が違う? 注目される理由は

HCIに続くITインフラのアーキテクチャとして「コンポーザブルインフラ」が登場した。これまでのITインフラの変遷を振り返りつつ、HCIとコンポーザブルインフラの違いについて説明する。

[Scott D. Lowe,TechTarget]
画像

 ITインフラのアーキテクチャは進化を遂げてきた。例えばサーバ、ストレージ、ネットワークが独立した従来の3層型の他、それら3つの要素を1つの筐体に収めて提供する「コンバージドインフラ」(CI)、ストレージを仮想化する技術を取り入れた「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)などのアーキテクチャがある。さらにこれらのアーキテクチャに基づくインフラを、オンプレミス、クラウド、マルチクラウドで利用できるようにもなっている。

 こうしたインフラの分野に、「コンポーザブルインフラ」と呼ばれる新たなアーキテクチャが登場した。これまでに登場してきたアーキテクチャから一歩踏み出したものだ。

 まず、現在定着しているインフラのアーキテクチャについて見てみよう。

  • 従来の3層型
    • サーバ、ストレージ、ネットワークが独立しているITインフラのアーキテクチャを指す。企業は各リソースを購入し、組み立てて全体のアーキテクチャを設計、構築する。各リソースの管理は個別に実施することになる。
  • CI
    • 一見したとろ、従来型の3層型のインフラとよく似ている。主な違いは、各リソースの管理のしやすさを重視している点にある。一般的に、CIはラックに収容された1つのユニットとして、すぐに利用できる状態で顧客の元へ出荷される。従来型の3層型のインフラよりも、CIは簡単に導入でき、管理もしやすくなっている。
  • HCI
    • CIまでとは一線を画すアーキテクチャがHCIだ。サーバ、ストレージ、ネットワークの主要コンポーネントを含むさまざまな要素を1つのアプライアンスに搭載している。同様のアプライアンスを複数ケーブルで接続することで、一つのクラスタを形成できる。アプライアンスの中で運用するコンピューティングリソースは仮想マシンだ。ソフトウェア定義ストレージ(SDS)技術とネットワークが、HCIの構造的な基礎を成す。

コンポーザブルインフラが注目される理由

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。