2019年03月28日 05時00分 公開
特集/連載

ストレージ業界、押さえておかないと疎外感を抱く6つの技術トレンドAIの新用途やコンポーザブルインフラなど(1/3 ページ)

2019年のストレージ技術トレンドは、安価で密度の高いフラッシュや、優れたパフォーマンスとデータ保護を実現するマルチクラウドデータ管理などが話題になるだろう。

[James Alan Miller,TechTarget]
画像 ストレージ業界の2019年トレンドは?

 データストレージ技術の中でも今後12カ月に最も話題になると考えられるトレンドを占ってみる。話題として重視したのは、購入や導入が既に可能な新しいストレージ技術だ。そのため、その技術の実用性が既に証明されていることが条件になる。非現実的な話題やあまりに未来的な話題は技術リストに含めていない。取り上げる技術はストレージ専門家が今すぐ使うことが可能だ。

 今回取り上げるのは、以下の6つだ。

  • 安価で密度の高いフラッシュ
  • 「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)
  • AI(人工知能)
  • 機械学習
  • マルチクラウドデータ管理
  • コンポーザブルインフラ

 読み進めていくうちに、これらが2019年の話題に上るストレージ技術に認定された理由が分かるだろう。では早速解説を始める。

安価で密度の高いフラッシュ

 2019年は、データストレージ技術のさまざまなトレンドがユーザーの支持を得ると思われる。それに伴い、企業向けフラッシュストレージドライブがこれまで以上に安価になり、密度が向上するだろう。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...