2019年01月16日 05時00分 公開
特集/連載

企業向けのトレンドを読むAIの未来予測、2019年は医療とFinTech分野に要注目 (1/2)

2019年の企業向けAI(人工知能)のトレンドとして、医療やFinTech分野での活用拡大と、小規模AIベンダーの統合が進むことが予想される。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 「最近のAI技術の宣伝は過剰な期待をあおっている。企業も消費者ももう少し冷静になるべきだ」という意見があるかと思えば、「AI技術は急速に進化していて、既に実用的に役立っており、無限の可能性が期待できる」という意見もある。

 現在はAI技術について多様な情報が飛び交っている。AI技術の現状はどうなっており、2019年にはどのような方向に進み、将来のビジネスにどのような役割を果たすことになるのだろうか。

 現状のAI技術は宣伝しているほどの成果を実現していないという人もいれば、医療やジャーナリズムをはじめとする多くの業種や専門分野で世界的にAIの導入が進んでいると見る人もいる。

 AIの急激な進歩は創造すべきでないものを創造してしまう危険があると警鐘を鳴らす人もあれば、そうした見方は非現実的な終末論だと批判する人もいる。

 専門家の意見はさまざまに分かれている。AI技術の急激な進歩に規制や標準化は追い付いていない。AI技術の将来はまだ明確ではないものの、未来図は少しずつ具体化しつつある。

 それは多くのスタートアップとともに動き始めている。

スタートアップの増加と統合

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...