2019年03月28日 05時00分 公開
特集/連載

ストレージ業界、押さえておかないと疎外感を抱く6つの技術トレンドAIの新用途やコンポーザブルインフラなど(2/3 ページ)

[James Alan Miller,TechTarget]

AIと機械学習のストレージ分析

 AIと機械学習は従来ストレージとバックアップにおけるランサムウェアなどのマルウェア検出に利用されていたが「インテリジェントな提案」を生み出すためにも利用可能だ。AIと機械学習の後押しを受けたインテリジェントな提案(実用的な分析)は、さまざまな運用に役立つ可能性がある。例えば、ストレージ使用量の予測、あまり使われていないデータ(非アクティブデータ)のストレージ階層を下げるためのフラグ設定、個人を特定できる情報などの潜在的なコンプライアンスリスクの特定などに役立つだろう。2019年には、AIと機械学習を原動力とし、大量のデータの管理と分析をするように設計された製品の普及が進むと予想される。特に、データやIT環境が急速に複雑さを増し続けるにつれ、より普及が進むだろう。

 2018年のベンダー各社は、IT部門の意思決定を導くためにAIと機械学習を利用する製品をリリースした。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...