放送サービス企業がHCIではなく「コンポーザブルインフラ」を選んだ理由事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【前編】

コンポーザブルインフラは、企業にどのようなメリットをもたらすのか。放送サービス事業者Skyview Networksの事例から探る。

2019年10月25日 05時00分 公開
[Garry KranzTechTarget]
画像

 放送サービスを提供するSkyview Networksは、大量のストリーミングコンテンツを運用するため、動的にコンピューティングとストレージを拡張できるインフラを必要としていた。こうしたインフラの代表例はクラウドだが、同社は大量のデータをクラウドに転送するための料金を調べたところ、致命的な額にまで高騰することが分かった。この問題に対してどのような手法を取り入れたのか。

 Skyview Networksが選択したのは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)が提供するコンポーザブルインフラ「HPE Synergy」をオンプレミスに導入することだ。Skyview NetworksはHPE Synergyでプライベートクラウドを構築した。「HPE Synergyを導入した結果、ネットワークトラフィック量に応じてコンピューティング、ネットワーク、ストレージのリソースを動的に組み合わせることができるようになった」。同社のIT部門でバイスプレジデントを務めるクリス・ホルバート氏はこう話す。

テレビやラジオ向け音声データの配信インフラに活用

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...