2019年10月25日 05時00分 公開
特集/連載

放送サービス企業がHCIではなく「コンポーザブルインフラ」を選んだ理由事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【前編】

コンポーザブルインフラは、企業にどのようなメリットをもたらすのか。放送サービス事業者Skyview Networksの事例から探る。

[Garry Kranz,TechTarget]
画像

 放送サービスを提供するSkyview Networksは、大量のストリーミングコンテンツを運用するため、動的にコンピューティングとストレージを拡張できるインフラを必要としていた。こうしたインフラの代表例はクラウドだが、同社は大量のデータをクラウドに転送するための料金を調べたところ、致命的な額にまで高騰することが分かった。この問題に対してどのような手法を取り入れたのか。

 Skyview Networksが選択したのは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)が提供するコンポーザブルインフラ「HPE Synergy」をオンプレミスに導入することだ。Skyview NetworksはHPE Synergyでプライベートクラウドを構築した。「HPE Synergyを導入した結果、ネットワークトラフィック量に応じてコンピューティング、ネットワーク、ストレージのリソースを動的に組み合わせることができるようになった」。同社のIT部門でバイスプレジデントを務めるクリス・ホルバート氏はこう話す。

テレビやラジオ向け音声データの配信インフラに活用

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...