2019年10月25日 05時00分 公開
特集/連載

放送サービス企業がHCIではなく「コンポーザブルインフラ」を選んだ理由事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【前編】

コンポーザブルインフラは、企業にどのようなメリットをもたらすのか。放送サービス事業者Skyview Networksの事例から探る。

[Garry Kranz,TechTarget]
画像

 放送サービスを提供するSkyview Networksは、大量のストリーミングコンテンツを運用するため、動的にコンピューティングとストレージを拡張できるインフラを必要としていた。こうしたインフラの代表例はクラウドだが、同社は大量のデータをクラウドに転送するための料金を調べたところ、致命的な額にまで高騰することが分かった。この問題に対してどのような手法を取り入れたのか。

 Skyview Networksが選択したのは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)が提供するコンポーザブルインフラ「HPE Synergy」をオンプレミスに導入することだ。Skyview NetworksはHPE Synergyでプライベートクラウドを構築した。「HPE Synergyを導入した結果、ネットワークトラフィック量に応じてコンピューティング、ネットワーク、ストレージのリソースを動的に組み合わせることができるようになった」。同社のIT部門でバイスプレジデントを務めるクリス・ホルバート氏はこう話す。

テレビやラジオ向け音声データの配信インフラに活用

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...