2019年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」を導入してからでは遅い、今確認すべき5つの懸念提供開始が迫っても残る課題

現時点では、「5G」にはまだ課題が残っていることは確実だ。5Gに準拠したデバイスが多くないことや、提供エリアが狭いことは、その一例にすぎない。

[John Fruehe,TechTarget]
画像

 「5G」(第5世代移動体通信システム)は「4G」(第4世代移動体通信システム)よりもはるかに強力なモバイルネットワークになる見込みだ。ただし5Gを利用するには幾つか考慮すべき点がある。企業が知っておくべき5つの懸念点をまとめた。

1.5Gデバイスの選択肢が少ない

 ユーザー企業側には、5Gに準拠したスマートフォンやIoT(モノのインターネット)デバイスが必要だ。通信事業者側には、5Gの基地局やネットワーク全体を束ねるインフラが必要になる。エンドユーザーが利用するデバイスとしては、モバイルOS「Android」を搭載したスマートフォンで5G準拠のモデルが既に登場し、少数ながら既に出回っている。残念ながら、5G準拠の「iPhone」は、今のところ登場しておらず、当面はこの状況が続く可能性がある。5G準拠のiPhoneに搭載されるモデムの調達先ベンダーが、最近まで確定していなかったからだ。

 5Gに準拠したIoTデバイスも、一部の市場に出始めている。だがIoTデバイスベンダーの間で期待が広がっているのは、5Gよりも前の世代の通信規格だ。スマートフォンの主流が5Gへと移れば、「3G」(第3世代移動体通信システム)や4Gで使われてきた周波数帯が開放され、IoT用途で利用できる可能性がある。3Gや4Gで使用されている周波数帯は5Gの周波数帯よりも伝送距離が長く、電波が遠くに届きやすい特性があるため、IoTに適している。

2.電波が届きにくい

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...