2019年06月18日 08時30分 公開
特集/連載

「ローカル5G」とは何か “使えない無線LAN”の代替策に低レイテンシ、安定性に注目

企業には各種デバイスやオートメーション装置向けの高度なネットワーク接続が必要になる環境がある。今後「ローカル5G」がそうしたネットワーク構築の有力な選択肢になる可能性がある。

[Lee Badman,TechTarget]
画像

 無線ネットワークの世界は今、この話題で持ちきりだ。次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceによる製品認証プログラムの名称で「Wi-Fi 6」)と、移動体通信システムの新規格「第5世代移動体通信システム」(5G)である。5GとIEEE 802.11ax、どちらが市場で優位に立つかという議論に注目が集まっている。

 実際には、どちらもさまざまな利用シーンで広く使用されることになるだろう。注目したいのは無線LANの市場シェアを5Gが奪う可能性のある、興味深い分野が登場したことだ。5Gをプライベートネットワークとして使う「ローカル5G」である。

 スマートフォンや自動車が5G接続するための基地局を、通信事業者が増やすのは当然の流れだろう。このように5Gの主要なユースケースとして以前から注目されてきたものだけではなく、製造業や鉱業などの現場でも5Gの利用が検討されている。ロボットや産業機械、センサー、オートメーション装置用のネットワーク接続の仕様変更が検討されている。企業の敷地内など、特定の拠点や建物で使うプライベートネットワークとして、無線LANの代わりに5Gの採用を検討する動きがあるという。

「ローカル5G」が「無線LAN」よりも優れている点

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...