「遠隔医療」にコロナ禍で一斉移行した医療機関の“教訓”COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【前編】

米医療機関Norman Regional Health SystemはCOVID-19の危機に直面し「計画通りに医療を提供するには遠隔医療の仕組みが不可欠だ」と判断。約200人の医師を遠隔医療体制に移行させた。その裏側で何が起きていたのか。

2021年02月22日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

 米国オクラホマ州の地域医療グループNorman Regional Health System(以下NRHS)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の衝撃を受けて遠隔医療の計画が加速状態に入ったとき、遠隔医療の仕組みを構築する第一歩を踏み出していた。

 NRHSで遠隔医療コーディネーターを務めるモリー・マックールヘア氏によると、COVID-19のパンデミック(世界的大流行)よりも前のNRHSには、オンライン診療を提供している医師が1人と、オンライン診療の開始準備をしている14人の専門医がいた。その後米国でCOVID-19が勢いを増していた2020年3月17日〜19日の間に、NRHSのグループが提供するプライマリーケア(初期診療)と専門医療の大半は遠隔体制に移行した。

遠隔医療実現で得た“教訓”

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...