2021年02月21日 10時30分 公開
特集/連載

GitHub「masterブランチ廃止」を警戒する人、歓迎する人、それぞれの意見GitHub「デフォルトブランチ名変更」の影響【後編】

デフォルトブランチ名を「master」から「main」に変更したGitHub。この変更はどのような影響をもたらすのか。ネガティブな影響とポジティブな影響を探る。

[Carolyn Heinze,TechTarget]

 前編「GitHubが『master』ブランチを『main』ブランチに変更した深い理由」は、分散型バージョン管理システム(DVCS)の「Git」と、Gitを活用したソースコード共有サービス「GitHub」が、「デフォルトブランチ」の名前を「master」から「main」に変更した理由を解説した。デフォルトブランチは、ファイルやディレクトリの状態を保存する「リポジトリ」内で作業履歴の分岐を可能にする「ブランチ」のうち、リポジトリの作成時から存在するブランチのことを指す。

 Gitのリポジトリのデフォルトブランチ名の変更は、過去にさかのぼって適用されることはなく、既存プロジェクトには影響しない。GitHubユーザーが「master」という名前のブランチをリポジトリに追加したい場合、それを妨げるものはない。GitHubは、masterという用語の使用を勧めないだけであり、禁止してはいない。

masterからmainへの変更は「困難はあるが恩恵は大きい」?

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...