GitHub「masterブランチ廃止」を警戒する人、歓迎する人、それぞれの意見GitHub「デフォルトブランチ名変更」の影響【後編】

デフォルトブランチ名を「master」から「main」に変更したGitHub。この変更はどのような影響をもたらすのか。ネガティブな影響とポジティブな影響を探る。

2021年02月21日 10時30分 公開
[Carolyn HeinzeTechTarget]

 前編「GitHubが『master』ブランチを『main』ブランチに変更した深い理由」は、分散型バージョン管理システム(DVCS)の「Git」と、Gitを活用したソースコード共有サービス「GitHub」が、「デフォルトブランチ」の名前を「master」から「main」に変更した理由を解説した。デフォルトブランチは、ファイルやディレクトリの状態を保存する「リポジトリ」内で作業履歴の分岐を可能にする「ブランチ」のうち、リポジトリの作成時から存在するブランチのことを指す。

masterからmainへの変更は「困難はあるが恩恵は大きい」?

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...