2020年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

活性化するベアメタルクラウド市場Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?

Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。

[Chris Kanaracus,TechTarget]

 Googleは、高パフォーマンスのITインフラを必要とする企業向けに、物理サーバをクラウドに近い使い勝手で利用できるベアメタルクラウドの「Bare Metal Solution」を提供開始した。調査会社IDCのアナリスト、ディーパック・モハン氏は「ベアメタルクラウドをGoogleが重視していることは明らかだ」と述べる。

 2019年11月にGoogleは、各種クラウドでVMware製品を構築・運用するマネージドサービスを提供するCloudSimpleを買収した。モハン氏は、これによりGoogleが同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)でVMware製品を利用できる環境を確保したと指摘する。

 IBMとAmazon Web Services(AWS)、Microsoftは各社が提供するベアメタルクラウドで、VMwareのハイパーバイザー「VMware ESXi」を利用できるようにしている。GoogleのBare Metal SolutionはCloudSimpleのマネージドサービスを活用したサービスになると、モハン氏は推測する。

 ユーザー企業は通常のクラウドから、ハードウェアを専有するベアメタルクラウドに移行すれば、同じ仮想環境を共有する複数のユーザー企業間で仮想マシン(VM)のリソースを取り合う「うるさい隣人」問題を回避でき、パフォーマンス低下の心配も軽減できる。GoogleはBare Metal Solutionについて、機械学習やリアルタイム分析、ゲーム、グラフィカルレンダリングなどの用途への利用を見込んでいる。

Bare Metal Solutionと競合サービスの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

news025.jpg

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...