「データリテラシーの高い社員」が「分析ツールを使える社員」よりも貴重な理由「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【前編】

競争力を高めるためにデータ主導型の意思決定を目指す企業は、何をすればよいのか。重要なのは人材育成だが、分析ツールが使える従業員を育てることだけが全てではない。鍵は「データリテラシー」の向上だ。

2021年03月08日 05時00分 公開
[Lisa MorganTechTarget]

関連キーワード

Gartner | データ分析


 競争力を高めるために、企業はデータから洞察を得て変化に素早く対処しようとし始めている。データに基づいて意思決定をするデータ主導型企業になるために、企業は何をすればよいのか。

「分析ツールの使い方」よりも「データリテラシー」向上が重要な理由

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...